menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

50肩の原因は?血流が悪くなると、急に肩が痛くなる?

パソコンや、スマートフォンの普及とともに肩こりで、悩む人が急激に増えました。これらの肩こりは、姿勢の悪さが一番の原因でしょう。それとは別に40歳~60歳の方が、突然の肩の痛みに襲われることがあります。

いわゆる50肩です。50肩で考えられる原因は、いくつかあります。そもそも、肩が凝るという症状は、骨の異常を除けば、すべて血流が悪くなることによって引き起こされます。

血流を悪くするものを取り除けば、次第に回復へ向かいます。では何が血流を悪くするのでしょうか?

血流を悪くするものは何?

ストレス

まず考えられるのはストレスです。40歳~60歳の年代の方で、家庭に入っている女性は育児や、介護の負担によるストレスが出てきます。働いている方は、年齢的にも責任の重い仕事を任されたり、中間管理職としてのポジションから、仕事の面・人間関係の面からもストレスを溜めやすくなります。

ストレスは神経を張り詰めらせ、筋肉を強張らせ、血行を悪くします。意識してリラックスタイムを取るように心がけないと、精神的にもマイナスになってしまうので、注意が必要です。

栄養バランス

栄養バランスの乱れも血流を悪くする要因の一つです。外食が多い食生活は、ビタミン類や食物繊維などが少なくなりがちです。外食をする際には、栄養のバランスの取れた定食を選ぶようにしましょう。ビタミン剤の併用も効果的です。

冷え

50肩にも冷えは良くありません。冷え性は女性の方に多いので注意が必要です。ファッショナブルな服装は、身体を冷やすデザインのものが多いです。特に肩を冷やさないように注意しましょう。屋内は夏でも冷房が利いていて、寒いので羽織れるものを携帯すると良いでしょう。

運動不足

運動不足も冷え性の原因になります。軽い散歩や、DVDを見ながらのヨガなども十分効果があるので、無理をしない範囲での運動をしてみるのもオススメです。

睡眠不足

睡眠はきちんと取っていますか?睡眠不足になると、免疫力も低下するので身体に良くありません。ヒトは睡眠中に細胞が修復されたり、作られたりします。より良い睡眠を取るためには、就寝前のテレビや、スマートフォンを控え(ブルーライトが交感神経を刺激して体が休まりません)、温かいミルクなどの乳製品を取るようにすると睡眠の質が上がります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

50肩になったら、どうしたらいいの?

50肩を発症した直後は、痛みを和らげることが第一です。患部に消炎湿布を貼ったり、鎮痛剤を服用して、安静を心がけましょう。数週間もすると、痛みが慢性的なものに変わってきます。

そうなれば、徐々にストレッチなどで、肩を動かすようにしましょう。なぜなら、ずっと動かさずにいると、筋肉が固まってしまい、可動範囲が狭いままになってしまうからです。少しの時間、無理のない範囲で動かしてみて、翌日の痛みの具合をみながら、運動量を調節しましょう。

温かいお風呂にゆっくり浸かるのも効果的です。血流を良くするという観点では、漢方薬も有効です。体質に合わせて、的確な処方を受ければ、血流改善を大きく期待できます。

50肩は必ず完治します。これを機会に生活習慣を見直し、諦めず、気長に付き合ってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 右肩が痛い原因は何科で診てもらう|急な痛みをストレッチで解消!

  2. 肩が痛い!病院(整形外科)・整骨院・整体はどこが先なの?

  3. 肩こりからくる偏頭痛を解消するにはどうしたら効果的?

  4. 肩が痛いのを解消する3つの方法!筋肉からくる肩こり!

  5. 年齢からくる肩の痛み?肩の症状を解消・改善させる方法

  6. 左の肩が痛い!?これって四十肩・五十肩の症状なの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る