menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

ダイエット5キロ減!初心者でも成功するおすすめのメニュー!

ダイエットは、どんな人にも共通する悩みではないでしょうか?ダイエットに失敗しがちな人、初心者のために無理なく、健康的に続けられるダイエットメニューをご紹介します。

体重をキープすることが仕事でもある芸能人や、モデルとは違って、普通の人が運動や、食事制限を続けていくことは、なかなか大変です。ダイエットには、特定の食材を食べ続けるもの、ハードな運動を続けるもの、置き換え食品で総カロリーを減らすものなど、色々あります。また、注意したいのがリバウンドです。

どうして5キロ減量を目指した方が良いの?

5キロという「ほんの少しだけ先」の目標を設定することで「もっと早く痩せなきゃ!」という焦りや「1、2キロ痩せたら止める」といった考えをなくし、無理せずに体重をキープする事を目標とします。

減量をはじめてスグは,体重がスルスルと落ちることが多いです。ところが、人間の体は急に体重が落ちる始めると、栄養不足にならないように、必要以上に体重が落ちるのを防ごうとします。その結果、同じように運動、食事をしていても、同じように減量することは徐々に難しくなってきます。

そうやって、続けていると「同じようにしているのに減らない!」となり、積み重ねてきた減量を諦めてしまう…これがリバウンドの大きな原因です。

スポンサードリンク

ダイエット初心者向けのおすすめメニュー

メニューはシンプルに運動と、食事に目を向ける!そして毎日、同じ時間に体重を測るだけです。はじめに大きい減量に向かわないで、初心者だからこそ、シンプルな減量からはじめてみましょう。

おすすめは定番のウォーキング

よく「20分以上続けないと意味がない」と言われますが、これは極端な言い方で、10分でも15分でも、細切れの時間でも「続ける」ことの方が大事です。仕事や、学業で忙しい人なら、1回15分のウォーキングを1日2回、空いた時間に続けてみましょう。朝に15分、夕方に15分。これだけなら、だいぶハードルは下がります。最初から、20分以上ウォーキングしようとすると、どうしても面倒くさくなってしまいます。2回に分けて行う方法なら、合計30分もウォーキングができます。

踏み台昇降運動

どうしても、外に出る時間がない、ウォーキングはちょっと。。。といった場合、1日2回のウォーキングの両方か、片方を家の中でもできる踏み台昇降に切り替えるのもおすすめです。はじめに適当なダンボールの中に古雑誌などをしっかりと詰め、その下に滑り止めのマットを敷いて、踏み台を作り、踏み台を上り下りするだけの運動です。

上り下りの運動になるためウォーキングにくらべて運動量が多くなります。右足から上る、左足から上るという運動をそれぞれ1回3~5分、それぞれ1セットずつ行うだけでも効果が出ます。あまり高さのあるダンボールを使うと足を痛めるので、10cm前後の高さの台を用意して様子を見ながら行ってください。

忘れてはいけないのが食事

シンプルに「急に減らしすぎない」「ゆっくり食べる」「間食を減らす」「食べ過ぎない」血糖値を上げないように野菜からゆっくり食べる、間食が止められない人なら、週に1度、好きなものを少しだけにする。これだけでも、運動と合わせれば5キロは十分に達成できます。

スポンサードリンク

体重の上下に慌てない

最後に、これだけは守って欲しいのが「毎日同じ時間に体重を測る」ことです。これは「これくらい落ちてるだろう」という思い込みを防ぐためのものです。女性の場合、ホルモンバランスなどにも体重が影響されます。

同じ時間に体重を測ることで「どうして体重が増えたのか、どうして減ったのか?」という理解が出来るようになり、体重の上下に慌てないで済むようになります。初心者が無理なく減量するポイントは「飛ばしすぎず、やれることを続ける」「自分の体の状態を理解して慌てない」ことです。これを守れていれば、健康的に5キロの減量を達成することは難しくありません。是非、このメニューを使って減量してみてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. ウォーキングダイエットだけで痩せる?誰にでも効果ある?

  2. ダイエット3キロ減!成功する初心者おすすめのメニュー!

  3. ダイエット10キロ減!成功する初心者おすすめのメニュー!

  4. ウエスト周りもスッキリ!効果的なダイエット方法は?

  5. 背中の肉を落とす筋トレの方法|お腹の脂肪も落とす初心者にオススメ…

  6. 出産後ダイエットの時期はいつからがおすすめ?安全に痩せる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る