menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰椎椎間板ヘルニア!何をしても腰が痛いときの対処法は?

何をしても腰が痛い

何をしても腰が痛い…そんな根強い痛み、本当に困りますよね。100歩譲って、激しい運動をした時に痛いというなら、それは仕方がないかなと納得できそうなものです。

でも腰椎椎間板ヘルニアになった方の中には、「何もしていないのに痛い」という方も結構います。これでは、「いったいどうすればいいんだ!」とやり場のない怒りを抱えてしまいます。

スポンサードリンク

座っても、横になっても腰が痛い

まずは、「何もしていないのに痛い」とは?ヘルニアに限った話ではありませんが、もし体に全く負荷がかかっていないのなら、基本的には痛みが出ることはありません。痛みがあるということは、「何らかのストレスが体にかかっている」状態です。

具体的には「座っているだけで痛い」「寝ているだけなのに痛い」ということがあり、実際に座っている状態、寝ている状態が、腰にストレスをかけています。実は、座っている姿勢、横になっている姿勢というのは、意外に腰にとって負担となっています。

座っているだけ、寝ているだけ、なのにどうして痛くなるの?

腰椎椎間板ヘルニアとは何か?まず腰椎というのは、腰の位置にある椎体です。椎体とは、脊椎を作っている骨のことです。そして脊椎とは、背骨のこと。つまり腰椎とは、「背骨を作っている骨のうち、腰の位置にある骨」ということです。

次に椎間板です。腰椎は全部で5つあり、各腰椎の間には、椎間板というゼリー状のクッションのようなものが挟まれています。腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板が重力など圧力を受けて、主に背中側に飛び出し、神経を圧迫している状態です。

座っている時、たいてい猫背になって、腰も丸まっていますよね?すると、腰椎の前方のお腹側に圧力がかかることになります。ゼリーを左右の手の平で、上下から挟んでいるとして、どちらか半分にだけ、力を入れて挟んだら、どうなるでしょうか?

ゼリーは力を入れた側とは、反対側に滑って飛び出してきます。これと同じことが、座っているときにも起きています。寝ているときも、基本的には同じです。

重力に対して、体は横になっているので、椎間板は飛び出しやすくなっています。ヘルニアを抱えている人にとっては、横になっているときに受ける重力も、ストレスになります。

腰の痛みを和らげるには、どうすればいいの?

座らない、横にならなければ解決!と、なりそうですが、それはさすがに現実的ではありません。負担にならない座り方、横になり方が必要になります。具体的には、猫背にならない姿勢を取る、体に合ったベッドや、布団を選ぶことです。

「猫背にならない」というと、胸を張る方が多くいます。いくら胸を張っても、腰が丸まっていては同じことです。ポイントは、骨盤を起こすこと!胸は張る必要はありません。

イメージができない人は、椅子に座るときに、お尻にタオルを挟んでみましょう。タオルをクルクル巻いて筒状にして、それをお尻の後ろ半分にかませます。そうすると骨盤が起きやすくなります。

スポンサードリンク

予防するにはどうすればいいの?

自分でできるカンタンな予防法を紹介します。『腰を反らせる』これだけです。それだけ?と思った人も多いと思いますが、自分で出来る予防法としては、いちばん簡単で効果がある方法だと思います。

腰が丸まっているからヘルニアになるのなら、時々は腰を反ってあげて、逆方向の力を加えてあげる、ということです。もちろん、それだけで腰椎椎間板ヘルニアがすべて根本的に予防できるわけではありません。

重症な場合は専門機関を受診することが必要です。でも、なるべく病院に行かなくて済むならそのほうがいいですよね。普段の簡単メンテナンスとして、ぜひ試してみてください。”

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腰椎椎間板ヘルニアは完治すれば一安心?再発はするの?

  2. 痛みで眠れない!腰椎椎間板ヘルニアでも熟睡するには?

  3. 腰椎椎間板ヘルニアの手術後!後遺症の症状が出たときに

  4. 腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法!朝腰が痛い!

  5. 腰椎椎間板ヘルニアの自己負担額は?検査・手術費用は?

  6. 腰椎椎間板ヘルニアに!リハビリの効果・種類・期間は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る