menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰椎椎間板ヘルニアに効果的!ブロック注射の治療とは?

腰椎椎間板ヘルニアの痛みは炎症を抑えると良い?

腰椎椎間板ヘルニアによる痛みと言うのは、人によって様々ですが、耐えがたい痛みに日常生活もままならない場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアからくる痛みは、引っ込んでいるはずの部分が出っ張ってしまい、出っ張ったヘルニアが神経を圧迫することで痛みが生じると言われています。

その為、ヘルニアを元に戻す手術が必要なのですが、ここ最近では、出っ張っているヘルニアを元に戻さなくても、その周辺で起こっている炎症を抑えるだけでも痛みがなくなるということがわかってきました。

スポンサードリンク

ブロック注射の種類?打つ箇所で効果が変わる?

手術となると入院が必要になりますし、費用もかかってしまいます。極力、費用面でも、体力面でも負担をかけずに治療しようと開発されたのが、痛み自体を感じなくさせるためのブロック注射です。

ブロック注射にはいろいろ種類があるのですが、炎症が起きている部分に局所的に麻酔を打ったり、場合によってステロイド剤を注入します。症状に合わせて、神経根に注射する場合もあります。炎症が起こっている部分への注射は、炎症を抑えるためなのです。

それ以外の神経に打つ注射と言うのは、痛みを感じる神経をブロックさせることで、痛みを感じなくさせるものです。痛みを感じなければ、生活に支障はありませんので、その人の症状に合わせて、どこに注射を打てば楽になるかを考えながら治療が進められます。

ブロック注射1回で、どのくらいの効果があるの?

腰椎椎間板ヘルニアになってしまう根本的な原因と言うのは、血行不良と筋肉の硬直といわれています。ブロック注射では、痛み自体を失くすことで、体の緊張がほぐされ、硬くなっている筋肉が柔らかくなり、血行が促進され、腰椎椎間板ヘルニアが改善されるという、流れを期待して行う治療法です。

本来持っている自然治癒力に頼った治療法であり、これが成功すれば、今後再発する可能性も低くすることが出来ます。しかし、気を付けなくてはならないのは、ブロック注射1回では効果は期待できないということです。

注射は、その瞬間の痛みを取り除くだけなので、麻酔が切れると直ぐに痛みは再発してしまいます。数回に渡り注射を行うことで、筋肉の緊張がほぐされ、血行が良くなり、回復していく可能性は十分にあります。

ですが、ブロック注射は、ヘルニアになっているのを根本的に元に戻すという治療法ではないため、何度注射を打っても効果が出ない方もいます。自分の体の力だけでは、どうにもならない場合ですね。この場合は、手術を検討する段階に入ります。

注射で効果が出るか、手術をしなければ治らないのかは、実際に治療をしてみないと分からない部分です。

スポンサードリンク

ブロック注射のメリット・デメリット

ブロック注射と言うのは、入院もなく、比較的に手軽で、良心的な治療法だと言えます。腰へ打つ注射は痛いと言われていますが、最近は注射のため麻酔注射を打つなど、痛みを極力抑える方法を取ってくれる病院が増えています。

しかし、その注射を打つ場所によっては、とてもリスクが高くなることがあります。少しでもズレると、髄膜炎などの症状を引き起こす可能性もあるので、信頼できる腕のいい医師にお願いすることが大切です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 痛みで眠れない!腰椎椎間板ヘルニアでも熟睡するには?

  2. 腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法!朝腰が痛い!

  3. 腰椎椎間板ヘルニアの自己負担額は?検査・手術費用は?

  4. 腰椎椎間板ヘルニアは手術で治るの?判断とタイミング!

  5. 腰椎椎間板ヘルニア!何をしても腰が痛いときの対処法は?

  6. 腰椎椎間板ヘルニアに!リハビリの効果・種類・期間は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る