menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

カテゴリー:腰椎分離症

腰椎分離症とは、一種の腰部の疲労骨折です。原因は運動などで腰に対して、衝撃が長期間、加わる事によって起こります。特徴は、腰の部分への強い痛みであり、骨折したことにより、それが神経を刺激し、痛みとなります。腰を後ろにそらせる場合など、痛みがか…

腰椎分離症はぎっくり腰とは違い、放っておいて治る病気ではありません。医師の指導の元、適切な治療が必要な病気です。病院で腰椎分離症と診断されたら、まずはコルセットや薬物治療などで改善を試みます。軽度の場合はこれで軽減することもあります。 (さ…

腰椎分離症は誰にでも起きる可能性がある病気で、文字通り腰椎が分離することで起こる症状です。腰椎とは腰を形成する大きな骨で、5層構造になっています。若いころからの過激な運動や、無理な姿勢が積み重なると、腰椎の5層構造の層にズレが生じ、神経を刺…

腰椎分離症に限ったことではありませんが、病気の状況は患者ごとに違います。患者の側からすると、一刻も早く治して欲しい、と考えてしまいがちですが、検査はとても大切です。それを知ることで、医師はその人に一番合った治し方というものを考えることができ…

治療方法ですが、一般的に保存療法での治療がまず行われます。保存療法を行った場合でも、骨の癒合を期待して、半年から一年、または痛みを軽減する目的で1か月から3か月は安静にします。体幹に負担がかかるスポーツは半年程は中止する必要があります。 (…

腰痛は日本人の国民病と言われています。多くの人が発症し、中でも40代以上の中高年に多いのが特徴です。腰回りの筋肉量が影響し、日本人は白人や黒人と比べ少なく細い事も関係があります。男女の比較では、より筋肉が少ない女性の腰痛が多いです。…

腰椎分離症と、脊髄すべり症は腰痛(腰椎)の病気です。2つの症状は年配の人に多く、病気の原理としては、椎間ねんざとほぼ同じです。特徴としては、外からの原因で腰椎がすべってしまう事により痛みが起こります。またぎっくり腰(急性の腰痛)と違う点は、…

腰椎分離症とは、腰を反ることが多いバスケットボールやバレーボールなどのスポーツや、また体をひねる動作が多いサッカーや野球などのスポーツを行っている人に多い障害です。多くがスポーツ選手に起こる障害であり、原因は何度も繰り返される腰への負荷によ…

参加しているブログランキング

ページ上部へ戻る