menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰椎分離症の完治期間はどのくらい?もし手術になったら?

腰痛は日本人の国民病と言われています。多くの人が発症し、中でも40代以上の中高年に多いのが特徴です。腰回りの筋肉量が影響し、日本人は白人や黒人と比べ少なく細い事も関係があります。男女の比較では、より筋肉が少ない女性の腰痛が多いです。

人間は二足歩行なので、他の動物に比べ背骨や腰に大きな負担がかかります。物を持ったり、身体を曲げ伸ばしたり、動きの中でも大きな負担が掛かるので、障害が起こりやすいとされています。

腰椎分離症とは?症状について

腰痛の中でも、腰椎分離症という症状があります。腰やお尻や太腿が痛み、また痺れが伴い、寝返りも打てなくなり、朝起きる事も困難です。一般の人は5%程度ですが、スポーツ経験者は約40%の人が一度は掛かったとされています。

原因としては様々な理由が考えられますが、多いのは成長期で体が柔らかい学生時代に、部活動などのスポーツ時に腰に亀裂が入りそれが悪化してしまうケースです。部活時の運動などで練習を繰り返し行う事で、自然と腰椎に亀裂が入ってしまい気付いた時には、もう遅いという事です。

スポンサードリンク

どれくらいの期間で完治するの?

成長期の若者の場合、腰椎分離症の完治も早いとされています。6ヶ月ほどコルセット着用の生活を続ければ、腰椎の骨癒合が期待できます。成人でも同様にコルセットにより時間が掛かるが、治るとされています。

最近ではコルセット以外にも、腰椎を安定させる体操や、ストレッチで筋肉を強化するやり方も導入されています。東洋医学的な見地から、分離症の症状が改善される事も多く、整体など民間療法に頼る人も多くなっています。

体幹インナーマッスルの機能が低下しているために、症状が悪化するとも考えられるので、独自の腰痛を取り除くプログラムによる治療で完治したケースもあります。

これら以外にも、薬物療法により腰の痛みを抑え、神経の修復を助け、神経賦活薬なども使います。温熱療法では腰を温める事によって、血液循環を高めて症状の改善が期待出来ます。スポーツ選手などには、腰痛の症状を抑えるために直接麻酔薬を注射するブロック療法が用いられる事もあります。

もしも手術になったとしたら

あまりにも分離症の症状が悪化している場合は手術をするケースもありますが、成功率は10%前後といわれ難しい手術の一つとされています。腰椎分離症の手術後も痛みや痺れを完全に取り除くのは難しく、症状が再発する可能性もあります。

スポンサードリンク

腰椎分離症に一番効果的なのは?

腰椎分離症にいちばん効果的なのは、やはり運動療法によるトレーニングです。腰椎回りの背筋や腹筋を増強し、筋肉が腰周りのコルセットの役目をするようになれば、腰痛の痛みを和らげ防ぐことが出来ます。

スポーツ選手などでは、レントゲンで腰椎分離症の症状が発生しているのに痛みを感じない人も多いです。理由は、腰周りの筋肉が腰をサポートしているからです。最終的に腰椎分離症の症状を早期発見し、適切な治療と対処をする事が肝心です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 何が痛みの原因?腰椎分離症の治療と完治させる方法は?

  2. 手術を検討中?腰椎分離症のリスク・術後・入院期間は?

  3. 腰椎分離症の特徴は?リハビリ・エクササイズで機能改善

  4. 腰椎分離症の治療方法や、治療期間の他にも注意が必要?

  5. 腰椎分離症の症状を改善!ストレッチと合せてやりたいこと!

  6. 私の椎間板は大丈夫?効果的な腰椎分離症の治療法は何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る