menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

便秘時の座薬や市販の便秘薬、浣腸など選び方|即効性だけで選ばないで!

つらい便秘を解消する色々な方法がありますが、どうしても便が出ないときは最終手段として、医薬品を活用するのもやむを得ないでしょう。

その中でも即効性が高い便秘薬として、座薬や浣腸を利用している方が少なくありません。

市販の座薬には、どのような効果があるのでしょうか。また長い間使いつづけても安全で、重大な副作用はないのでしょうか。

弛緩性便秘には刺激性の成分を

何らかの原因で腸の働きが緩慢になり、便の排出ができなくなる症状を、弛緩性便秘と呼んでいます。弛緩性便秘を解消するには、腸を刺激して蠕動運動を活発にするのが効果的です。

こうした働きを持つのが刺激性の便秘薬で、最も直接的な効果を発揮します。飲み薬の成分としてはセンナ(センノサイド)が有名で、各種の便秘薬や便秘茶などに配合されています。

浣腸も広い意味では刺激性の薬に含まれます。市販の座薬には、有効成分としてビサコジルが含まれた製品があります。

ビサコジルは内服薬にも含まれる刺激性の成分で、直腸に挿入すれば10~30分程度で作用を現し、便意を覚えるようになります。

刺激性の薬は強い効果を持つ反面、腸を強制的に動かすので、使用すると腹痛を起こすことがあります。

また使いつづけると刺激に慣れてしまうことがあり、やがて薬なしには排便できなくなる可能性があるため、慎重に使用しなければなりません。

スポンサードリンク

炭酸ガスのマイルドな刺激

できるだけ強い刺激を与えない便秘薬として、酸化マグネシウムが配合された内服薬があります。これは保水性の高い成分で、大量の水分を腸に集めて排便を促します。

同じように刺激の低い座薬には、炭酸水素ナトリウムを主成分とする製品があります。炭酸水素ナトリウムは重曹とも呼ばれ、料理にも使われる成分なので、安全性は高く副作用の心配はほとんどありません。

炭酸水素ナトリウムは化学反応を起こして炭酸ガスを発生することで知られています。座薬として腸に挿入されると、ガスが発生して蠕動運動を促し、やはり10~30分ぐらいで排便が可能になります。

ガスの量が足りないときは、一定範囲で座薬を増量することもできます。刺激はそれほど強くありませんが、直腸に直接挿入するため即効性が期待できます。

ただし頑固な便秘には効果がない場合もあり、指定された用量以上に増量してはいけません。また挿入直後の激しい運動は避けてください。

癖にならないよう注意が必要

ビサコジルを使った座薬も炭酸ガスを利用する座薬も、内服薬より短時間で効果が現れるので使い勝手が良く、常備しておけば便利な薬と言えます。

ただし1回だけの効果しかなく、根本的に便秘を治療することはできません。癖になってしまうと面倒ですし、精神的にも薬に依存するのは好ましくないため、便秘自体の治療を優先させましょう。

便秘を治すには腸内環境を整えることが大切であり、そのためには食事や生活習慣を見直す必要があります。逆に言えば生活習慣の改善により、薬なしでも快適な排便ができるようになります。

座薬は困ったときの最後の手段と考えて、むやみに頼るのは避けたほうが良いでしょう。

なお自分で座薬を入れるのが難しい方や、乳幼児が使用する場合などは、市販薬を使う前に医師の診察を受けてください。専門の医師ならば、対症療法だけでなく便秘そのものを解消する方法もアドバイスすることができます。

スポンサードリンク

まとめ

市販の座薬は内服薬よりも効き目が早い便秘対策として活用できます。ただし効果の強さは人によって異なります。

腹痛などの副作用が起きたり、依存性が現れたりする場合もあるため、続けて使用するときは注意が必要です。

また座薬はあくまで対症療法であり、根本的に便秘を治療するには生活習慣の改善など、他の方法が重要になります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 便秘と頭痛やめまいの関係|改善~注意したい症状、体からのサイン

  2. 便秘にバナナや牛乳が効果的な理由!根本的に解消するために必要なこ…

  3. 便秘後に下痢になる原因|下痢の前後で対策が違う!ヒリヒリする前に…

  4. 便秘に温罨法をいつやるのが効果的?座薬より負担のない解消法あり!…

  5. 便秘にヨーグルトをいつ食べるかで効果に違い!タイミングや量の違い…

  6. 便秘解消にペットボトルマッサージがおすすめ|〇〇運動が目的

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る