menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

大転子部の場所と出っ張る歪みで脂肪が付き方が変わる?

大転子部の位置は?場所はどこ?

大転子部の場所は、ちょうど太ももの付け根にあります。立った状態で、片足を前に後ろに動かした時に太ももの付け根に手を当てると、太ももの付け根あたりの骨が動いている位置が大転子部の位置になります。

どの位置にあるのか、分からない人は一度やってみると、分かりやすいです。骨盤の歪みというと、下腹の横に出っ張ている骨を意識しがちですが、ちょうどその下にある、大転子部の歪みにも注意が必要です。

スポンサードリンク

大転子部が出っ張る?引っ込めた方が良いの?

太ももの付け根にある骨がゆがんで、外側に出っ張ることがあります。出っ張るとお尻が大きく見えたり、太ももや腰周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。そうなると、下半身太りの原因にもなります。

太ももの付け根あたりを触ってみて、出っ張ってると感じたら、矯正を考えたほうが良いですね。太ももの外側が出っ張っていて、下半身太りになってしまっている場合、食事制限や、軽い運動だけでは脚や、腰周りについてしまった脂肪を落とすことが、難しくなってきます。

大転子部はどうして出っ張るのか?

太もも付け根にある骨の出っ張りは、普段の生活の中でやってしまっている、あるクセが原因になっている可能性があります。普段、家でくつろいでいる時にあぐらをかいたり、横座りしているという人も多いと思います。

また、椅子に座った時に足を組んで座るクセがありませんか?長時間、同じ足を上にして組んでいると、大転子部のゆがみの原因となるので注意しましょう。

大転子部の出っ張りを自宅で引っ込める方法

太ももの出っ張りを取るには、骨盤ベルトを使う方法と、エクササイズの2つが簡単でおすすめです。

エクササイズの方法

立った状態で肩幅に足を開きます。そして、太ももの付け根にある大転子部に手を当てて、出っ張った部分を押し込むようにグッとやりましょう。この時に骨を押し込んでいる方に体重をかけるようにするのがコツです。例えば、右側の太もも付け根を押している場合、右側に体重をかけるように上半身を傾ける。という感じにすると良いです。

骨盤ベルト

骨盤ベルトを使う場合、は二刀流がポイントです。下腹の横にある骨盤にひとつ、太ももの付け根にある大転子部にひとつ、というように二つの骨盤ベルトを使うことで、しっかりと矯正できます。

正しい歩き方で出っ張りの歪みを解消

普段、歩いている時に、内股やガニ股などで歩いている人は、下半身の骨盤がゆがみやすくなってしまいます。正しい歩き方を意識的に行うことが大切になってきます。いつも履いている靴の底を確認してみてください。

外側だけが磨り減っていたり、女性の場合、ヒールの踵が多く磨り減っていたりしませんか?もし、靴の底が変な形に磨り減ってしまっている人は正しい歩き方ができていない証拠です。

正しい歩き方のポイントは、一本の長い棒が体に刺さっているイメージで歩くことです。背筋を伸ばすことで自然と真っ直ぐに歩けます。また、踵から足を付けて、最後につま先を付けることにも意識しましょう。これだけでも、太ももの付け根のゆがみの予防になります。

スポンサードリンク

最後に

大転子部が歪んでしまうと、下半身太りだけではなく、疲れやすくなる原因にもなります。太ももの外側が張っているように感じる人は、エクササイズや、骨盤ベルト、正しい歩き方を意識して改善してみましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 大転子のストレッチ中にバキッと音がする?痛みの治し方

  2. 下半身太り解消、大転子を引っ込めるお尻歩きがデブ脱出の近道?

  3. 骨盤ショーツで下半身を細くする!大転子にも効果あり?

  4. 大転子を引っ込める!O脚の人に出っ張ってる人が多い?

  5. 大転子部の矯正方法と左右の位置が違う時の引っ込め方は?

  6. 下半身を細くする!大転子の効果的な引っ込める方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る