menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳喘息の治し方を症状別に軽度から重度まで対策を紹介します。

喘息の初期症状とも言われる咳喘息ですが、症状が悪化すると、一生付き合っていく病気になってしまいます。そんなことになるのを避けるために、今回は症状別に、咳喘息の症状が重度なのか、軽度なのかを判別し、症状別に治し方を紹介したいと思います。

(この記事では単に喘息と書いている場合、気管支喘息を指しています。)

軽度の咳喘息

軽度の咳喘息の場合、症状が出る時期を過ぎると、咳が出なくなる傾向があります。症状が出る時期においても、週に2回から、3回程度が目安で、この段階で聴診器で呼吸の音を聞いても、喘息特有のヒューヒューといった音は聞こえません。

呼吸困難など、本当に苦しくて、死んでしまいそうな程の明確な症状でないのが、特長ともいえるでしょう。軽度であるが故に見過ごされがちで、そのまま毎年、症状が悪化し続けてしまうこともあります。

風邪を引いた後などに、咳喘息は起こりやすいので、あまりにも咳が長引くようでしたら1度病院へ行くことをオススメします。

スポンサードリンク

軽度の咳喘息の治し方

病院を訪問し、気管支を拡張する薬を処方していただくことで、症状を緩和することができます。軽度の咳喘息の場合、気管支の炎症が激しいわけではないので、炎症を緩和する薬は処方されないことが多いです。

もちろん、軽度であっても症状や、都合によっては担当するお医者さんの判断により、処方されることもあります。アレルギー性の咳喘息である場合は、アレルギーの薬が処方されます。

重度の咳喘息

重度の咳喘息の場合、呼吸困難や、気管支喘鳴(ヒューヒューといった発作時の呼吸音)の症状が現れます。症状は1度始まると、日常生活に多大な支障を来たすほど、苦しいものになり、薬がなければ生活していくことが出来ません。

発作の頻度も、1日に数回と、かなり回数を増し、本人は息苦しさを感じます。発作の状況によりますが、薬を服用しても歩けなかったり、横になって、休むことが出来ないような場合は、救急車で運ばれ入院することがあります。

重度の咳喘息の治し方

一般的に、炎症を抑えるステロイド薬が処方されます。ただし、このステロイド薬は、大量に使用すると副作用を生じる可能性があります。大量に使用する場合というのは、口から吸入するだけでは、効果が現れず、全身に投与するような場合です。

主な副作用は、高血圧や、肥満、低身長、骨粗しょう症などがあげられています。

スポンサードリンク

咳喘息や喘息の治し方には2つのアプローチがある

今まで書いた治し方というのは、いずれも発作を鎮めるというアプローチです。もう1つのアプローチとは、咳喘息や、気管支喘息を予め予防しようとするものです。

ダニ、ホコリ、花粉は喘息の原因となる物質だと考えられていますし、タバコを吸うことは発作を起こすだけでなく、発作を起こしたときの症状も悪化させるとされています。

特に前者のアレルギー症状による発祥が、症例のかなりの数を占めています。こういった、生活空間や、生活習慣を見直すことは、咳喘息や喘息の予防になります。

喘息や、重度の咳喘息になってしまった方は、既にお医者様にこういったことを指導されていると思います。軽度の咳喘息の方は、まだこの記事を読んでいるだけで、お医者様にいっていない方もいるかもしれませんね。

今からでも、生活空間・習慣の見直しを始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 咳喘息の原因は気管支喘息と違います。何週間も咳に苦しんではいませ…

  2. 咳喘息は何科を受診した方が良いですか?完治に必要な期間は?

  3. 咳喘息に市販薬は意味がなく気管支拡張薬など症状を見極める必要あり…

  4. 咳喘息はストレスが原因と強く関係しています。咳止め薬でも効果がな…

  5. 咳喘息の漢方の選び方のコツや症状に有効なモノ、知っておきたい注意…

  6. 咳喘息の治療方法、症状別の完治するまでの期間や注意すること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る