menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

断食を一週間続けることは出来るの?無理なく痩せる方法は?

3日間の中、1日の間だけ水のみで過ごす「プチ断食」が手軽な断食方法として人気が高く、1日だけ何も口にしない「一日断食」など様々な方法があります。

中には本格的な体質改善、ダイエット効果を得るために一週間の断食を行う人も少なくないのが現状です。

では断食で一週間は可能なのかというと、結果から言うと相当な忍耐力を要しますが、厳重なルールを守った上で行うのであれば可能です。

日本の食文化も欧米化傾向にあり、さらにファーストフードや、コンビニの普及によって、加工食品、インスタント食品を口にする機会が多くなってきたこともあり、知らないうちに添加物、保存料、人工調味料などを摂取しやすい現代の食生活でもあります。

そんな中、ダイエット効果に加えて、このような添加物や、保存料などが蓄積された体内の毒素を除去する目的として、男女問わず美容、健康に関心の高い人が取り組んでいる対策として有名なのが断食です。

一週間で断食を成功させるためのコツは?

そこで、一週間という期間で断食を行う上で、大切なポイントをいくつかご紹介したいと思います。

ここで勘違いしやすいのが、一週間断食と言っても、はじめの2日間は準備期間として、野菜などをミックスしたスムージーや、野菜スープなど消化が良く、栄養価の高い食事生活に変えて身体を整えていきます。

さらに3日~7日目までは、完全な断食入り、その後8日目~最低でも10日目までは、回復に向けての時間を要するので、理想としては二週間ほどの時間を要します。

大事な3日~7日目には完全に食事を摂れない期間に入り、この時にはネットや、店頭でも手に入る健康、美容に効果が高い酵素ドリンク、豆乳、ヨーグルト、野菜ジュースなどの飲み物から必要な栄養素を摂取します。

口さみしい場合は、アミノ酸などのゼリー飲料や、ハチミツをなめるなど、気分を紛らわすのもおすすめです。この時に誘惑に負けて、固形物などの食べ物を一切口にしないのが重要です。

口にした場合は、断食失敗になってしまうので、忍耐で乗り越える必要性が出てきます。

その後8日目からの回復期には、最初の2日間の準備期間同様に、消化が良く、栄養価の高い野菜を選定しながらスムージーや、スープなどで摂取しながら、徐々に通常の食生活に戻す事が大切です。

スポンサードリンク

この症状・徴候がでたら危険!判断基準は?

ここで気を付けたいのが、久しぶりの固形物を口にしたことで、食欲が増すといった症状が現れやすくなります。つまり食欲の暴走、誘惑に負けてしまう可能性があります。

万が一、食欲を感じるままに食べ過ぎてしまった場合は、せっかくの断食効果が水の泡になってしまいます。胃には、強い衝撃を与える危険性も考えられるので、絶対に我慢する必要性があります。

スポンサードリンク

一週間で断食を成功させるためのプランについて

一見、3日~7日目の時期が正念場にも感じますが、一番辛いのが初めの2日間の通常の固形物の食事からスムージーや、スープのみに急に変化する準備期間でもあります。

回復期の食事を久しぶりに摂取できた時の食欲との葛藤を辛い時期に感じる方も多いです。

一週間の断食は、最低でも10日間から、余裕を見て2週間の期間を要する点や、相当な忍耐に打ち勝つ自信があるのであれば、一週間の断食は可能であるといえます。

また、初めて断食を行う人は、危険性を伴うので初めは3日間などで慣れていくのが良い方法です。万が一、緊急性を要するのであれば、プロの指導員や、専門の道場などに足を運ぶことをおすすめします。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 断食の効果と見た目の効果の現れやすい場所・現れにくい場所は?

  2. 断食ダイエットの効果を教えて!メリットやデメリットはあるの?

  3. 断食でデトックス効果を高めるポイント、期待できる効果は?

  4. 断食ダイエットの方法を教えて!断食前・断食中・断食後の注意点

  5. 断食後の回復食でリバウンドしないための注意点|何を食べれば良いの…

  6. 断食時の頭痛は好転反応が原因?準備期間で差が出る対処の仕方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る