menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

二日酔いに効く食べ物、飲み物は?食べやすく早く治す料理

朝目覚めると頭が痛い!吐き気がひどい!前日のお酒や、アルコールが原因だとわかっても時すで遅し、辛い二日酔いになってしまったら、どうすれば早く回復できるのでしょうか?

二日酔いで多い症状は頭痛と、吐き気、食欲不振です。二日酔いで辛いとき、食欲はないのに無理してでも食べ物を摂取した方が早く治る!なんてアドバイスを受けたことがありませんか?

二日酔いで辛い!早く治すには食べる?食べない?

お腹の調子が悪いときは、お腹を休めたい気持ちにもなりますよね。二日酔いで食欲もないときには、本当に食べ物を摂った方がいいのでしょうか?

二日酔いのときには、まずは食べ物よりも飲み物、つまり水分を多く摂取するのがおすすめです。二日酔いの状態は、脱水症状になっているので、水分を補給してアルコールの分解を促進してあげましょう。

食べるといっても吐き気がひどいときには、食べられない状態になることもあるので、無理のない範囲で身体にやさしく、二日酔いの解消の助けとなる食べ物を選ぶと良いですね。

スポンサードリンク

二日酔いに効く食べ物&飲み物

二日酔いは、体内でアルコールを分解しきれず肝機能が弱くなっている状態です。二日酔いになってしまってからは、ミネラル豊富な食材や、梅干しなど、肝機能の働きを助ける食材を選びます。

味噌汁にはミネラルや、アルコールの分解を助ける成分が豊富なので、お酒の〆にすすっておくのもオススメです。お酒の〆といってラーメンや、うどん、お茶漬けなどを食べることがありますが、お酒の後には味噌汁がいいですね。

ウコンや、タウリンは、肝臓にやさしい成分ですが、飲酒後よりも飲酒する前に摂取しておく予防としての役割を果たす成分です。
そのほか、コーヒーのカフェインも二日酔いの頭痛や肝機能の低下の改善に良い飲み物です。水分を取るときには、冷たい飲み物を避け、常温のお茶や、スポーツドリンクがおすすめです。

スポンサードリンク

二日酔いでも食べやすいオススメの料理!

二日酔いのときには、お腹に優しいものを…と言いますよね。体内では、アルコールが分解しきれずに肝機能が低下、酸素不足、低血糖、脱水といった状態になっているので、胃腸にやさしい食べ物と多めの常温の水分を摂ると良いと言われています。

吐き気が酷いときには食欲が出ないかもしれませんが、食べられるようなら、うどん、味噌汁、ヨーグルトなどを摂取すると良いですね。少し食欲が出てきたなら、意外かもしれませんがカレーライスもおすすめです。

カレーライスの黄色の元は、ターメリックというスパイスです。ターメリックの別名は、ウコンです。ターメリックは、二日酔いの予防だけでなく、二日酔いの解消にも効果的です。

カレーを手作りできるなら、トマトや、ヨーグルト・はちみつなど、アルコール分解や、肝機能を助ける作用のある食材をカレーに加えると、なお良しです。

二日酔いは、事前にしっかりウコンや、タウリンでしっかり予防して、それでも二日酔いになったときには、胃腸だけでなく・肝臓の働きを助ける食材と、多めの常温水分を摂取して早く体調回復して下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 二日酔いの頭痛は市販の頭痛薬でも治る?ココをチェック!

  2. 二日酔いに効く飲み物、酔いにくくするモノ、オススメのもの

  3. 二日酔いの吐き気の対処法と吐きたい時は吐いた方が良い?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る