menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

口臭にマウスウォッシュのおすすめは?3つの特徴と選び方を目的別に!

自分は口臭が出ていないか気になってしまう方や、すでに他人に指摘されてしまった方にもおすすめできるマウスウォッシュの特徴は、主に3つです。

この3つの特徴をしっかりと確認してからマウスウォッシュを購入しましょう。また、人によっては合わない場合もあります。

自分の口臭に合っているのかという部分に関しては、口臭チェックを行うアイテムなどを使うなどの工夫をしましょう。

口臭が起きる原因とは

口臭はどんな方でも起きる可能性があります。

また、口臭によって人に不快感を与えてしまうため、口ケアはとても大切です。そこで、臭いの原因を知りある程度の予防をするようにしましょう。

口臭の主な原因は、歯磨きが不十分による細菌の増殖や歯槽膿漏などです。

特に歯磨きは歯ブラシの大きさが合っていなかったり、歯茎と歯の境目まで磨く事が大切になります。

磨き方によっては境目部分の磨きが出来ているか分からないときは、歯磨きチェックに使用する専用液を利用してみましょう。

自分がどの程度磨けているかチェックする事ができるため、口臭以外にも歯槽膿漏などの予防になります。

ただし、毎回ではなく、月に2回程度の確認に抑える事がポイントです。歯磨きがしっかりと行えるようになった方は、マウスウォッシュで更に細菌の増殖を抑えるために、自分に合った物を選び、定期的に使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

マウスウォッシュの選び方とは

基本的な選び方は、刺激の有無とコーティング剤、殺菌成分が配合されており、求めている機能があるかを確認します。

特にコーティング剤は、ほとんどのマウスウォッシュに配合されているため、選ぶ時のポイントは、どのような殺菌成分が配合されているかという部分と、刺激成分配合の有無です。

口腔内の状態によって、刺激があるタイプは痛みを伴う事があり、十分に注意する事が大切になります。

特に口腔内に傷がある方、歯の治療中の方は刺激の少ないタイプを選びましょう。また、殺菌成分には、販売業者によって異なります。

中には刺激を感じる成分が配合されているマウスウォッシュがあるので、基本的に月単位で使用するマウスウォッシュを変えて、口腔内の状態を確認してみましょう。

少しでも異常があれば合っていない可能性が高いので、他のマウスウォッシュを使用するようにし、成分を比較しながら合っていなかったと思われる成分をはじき出します。

次に購入する物は、はじき出した成分が含まれないタイプを選びましょう。

口臭が気になる方はこのマウスウォッシュがおすすめ

薬用成分として配合されているデキストラナーゼ酵素が含まれたタイプを選びましょう。

このデキストラナーゼ酵素は歯垢を除去するため、歯磨きができない場合にも使用する事が可能です。

会社勤めでランチタイムが短く、歯磨きをする時間がない方や、歯磨きの磨き残しが気になる方に向いています。ミント成分が含まれているタイプが多いので、ミントが苦手な方は注意して下さい。

また、マウスウィッシュの中には、舌へ直接吹きかけるスプレータイプもあり、舌に繁殖する雑菌を除去する事ができます。自分の口臭の強さを専用の口臭チェッカーを使ってマウスウォッシュの前後で調べてみるのも良い方法です。

また、口腔内に含み吐き出すタイプと、舌に吹きかけるタイプを比べて、どちらのタイプが口臭を予防する事ができるかも調べることができます。

様々な商品が販売されており、薬局以外にもネットで購入する方法がありますが、ネット通販の方が安い事もあるので、その都度金額を調べてどちらで購入するか検討しておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

口臭を予防するには、歯みがきをしっかりと行い、自分に合ったタイプと合わない成分を見つける事が大切です。

特に人に注意をされた経験がある方は、専用の口臭チェッカーで、口臭レベルを調べてみるのも良いでしょう。

また、マウスウォッシュを使って急に合わないと感じる事があります。合わないと感じた時は、無理をせずに他の成分が含まれる商品を選びなおしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 口臭予防は飲み物で臭いを消す!身近なモノで出来る【3つの方法】

  2. 口臭予防サプリの選ぶ基準|原因によって有効な成分が変わるので注意…

  3. 【口臭】臭いに種類あり!舌苔など部位によって対策法が違うんです!…

  4. 口臭があり頭痛や吐き気の関係は?脱水症状や歯肉炎など病気の可能性…

  5. 【口臭】飲み物が原因になる悪臭を弱め、黄ばみや歯垢を抑えるには?…

  6. 口臭を消すガムの鉄板から虫歯予防も出来るキシリトールガムまで!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る