menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰部脊柱管狭窄症の病院・名医選びから費用の問題まで!

どこの病院が良いのか?』、『手術はした方が良いの?』、『入院?手術?費用はどのくらい?など、

腰部脊柱管狭窄症を患った場合、近くに相談できる友人や、知人がいると頼もしいですよね!でも、近くに似た境遇の方がいない場合、何をどうしていいのか?わからず、困ってしまいます。

病院選び・名医選び

症状が腰部脊柱管狭窄症のみの方や、他にも合併症を患っている方、症状は人それぞれで、個人に合った病院を探すことは難しく、そして名医選びは更に難しいかと思います。症状の診断には整形外科が専門科目になります。

病院によって整形外科が更に細かく分かれているところもあるので、脊椎の専門科目、もしくは腰椎の専門科目で診てもらいます。すでに症状が深刻な場合、手術を検討されている場合には、脊椎専門医に診てもらうこと良いです。

担当する脊椎専門医に手術経験が十分にあると安心です。各手術の実績などは、各病院の公式ホームページに乗っている場合もあるので住んでいる地域の近隣の病院をチェックしてみると、ある程度の目安になります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

腰部脊柱管狭窄症の手術費用・入院費用

腰部脊柱管狭窄症の手術費用や、入院費用は行う手術によって異なり数十万~100万円前後と幅があります。狭窄部分が広範囲で、腰を固定する金具を入れる場合などは、高額になります。他にも合併症がある場合など、色々なケースがあるので金額は様々です。

腰部脊柱管狭窄症の手術費用や、入院費用のことなどは、その場では聞きにくいこともあるかと思います。

その場では聞きにくくても、避けては通れない重要なことなので「後ほど手術の費用に関してお話できますか?相談したいのですが?」と、お医者さんや、看護婦さんに一言、付け加えるだけでも進めやすいかと思います。

医療費の自己負担が多すぎてお困りの場合

腰部脊柱管狭窄症の手術費用や、入院費用の負担額は一定額以上になると免除になることもあります。

狭窄箇所が広範囲の場合

特定疾患受給者になりいわゆる難病になります。その場合、各市町村にある保険センターに相談をしてみて下さい。申請できるようであれば、『特定疾患受給者証』を発行してもらえます。

狭窄箇所が狭い範囲の場合

保険証に書いてある保険者に『限度額適用認定証』の申請を行います。各種保険によって限度額が違ってくるので、相談をしてみると良いです。

病院側でも、『限度額適用認定証』や、『特定疾患受給者証』などの相談をある程度、相談に乗ってもらえるところもあるので、費用の相談をするときに話してみるのも良いかと思います。

病院で手術費用や、入院費用を支払うときに保険証と一緒に特定疾患受給者証や、限度額適用認定証を提示します。提示することで、一部の負担をすることになり、高額医療費以上の負担は生じません。また窓口負担額はケースによって異ります。

一部の負担金でも支払いが厳しい場合

自治体によっては負担金の貸付制度があるので、各自治体へ相談をしてみる方法もあります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腰部脊柱管狭窄症の手術!入院期間はどのくらい?

  2. 腰部脊柱管狭窄症の手術後に後遺症・症状が残る?

  3. 腰部脊柱管狭窄症とは?ヘルニアとの違い、症状と原因について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る