menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

背骨が痛い原因|肩甲骨の間の軽い痛み・重度の症状を解消するには

肋間神経痛から背骨が痛い

肩甲骨と肩甲骨の間の背骨が痛いことがあります。

肩甲骨の間の背骨を押すと痛いだけではなく、背骨を押さなくても痛い場合、肋間神経痛からくる痛みかもしれません。

肋間神経痛の症状や、原因には様々なケースがあるのは、ご存じでしょうか?

 

肋間神経痛の痛みの原因として多いのは、12個ある胸椎をつなぐ椎間関節が傷む胸椎椎間関節症です。

胸椎椎間関節には神経が多いため、痛みに敏感な場所です。

椎間関節が傷むと肩甲骨付近や、背骨の脇、時には胸にも痛みが響きます。

 

運動や、深呼吸などの関節がすれる動作や、くしゃみ、激しい運動などの衝撃を加えると痛みが起こります。

胸椎椎間関節症の痛みの症状には違和感程度の痛みから、激痛まで様々な痛みの種類があります。

 

軽い痛みであれば、背中の筋肉疲労や、寝違えや、むち打ちによる背中の痛み、
日常生活でのストレスや、風邪などが原因となっていることがあります。

背骨や体のゆがみが原因だったり、内臓や神経疲労、病気が痛みを引き起こす場合もあります。

スポンサードリンク

背中の筋肉疲労・筋肉痛による痛み

肩甲骨と肩甲骨の背中の真ん中や、背骨、肩の周りなどが痛む原因の1つに背中の筋肉の疲労や、筋肉痛があります。

 

筋肉の疲労に伴う症状は、痛みが軽度のものから、重度のものまで様々です。

例えば、骨のズレや、歪みによって背中が痛い場合には、姿勢の悪さや、
外科性の病気によって背骨が大きく曲がったり、背骨の部分的なズレ、変形などが見られることが多いです。

 

このような場合、病院の治療だけで完治させるのが難しいことが多く、
背骨の歪みや、ズレを発生させる根本的な原因を取り除くために、生活習慣の改善などが必要になります。

 

また、背中の筋肉や、背骨に直接的な損傷や、ダメージがないのに背中に痛みを感じるケースでは、
内臓器官の疲れや、病気などが原因で痛みが出ることもあります。

背中・背骨が痛い原因を引き起こす病気の種類も幅広く、軽度のものから、癌など命に関わるようなものまで様々です。

スポンサードリンク

解消・改善するにはどうしたらいいの?

むち打ち症や、寝違えからくる症状でも、背中が痛い場合があります。

 

むち打ち症や、寝違えの原因は、首の筋肉や、筋肉の筋に炎症、または捻挫によるものです。

筋肉痛や、捻挫と同じ治療法によって改善を図っていきます。

 

また、腹筋や、背筋、肩の筋肉の衰えが原因で起こっている場合、
それらの筋肉を鍛えるための筋力トレーニング法や、筋肉の柔軟性を高めるストレッチ、
背骨の歪みを矯正する整体や、運動などが効果的です。

 

ただし、身体に痛みを感じるほど強く行ってしまうと逆効果です。

痛みを感じず、心地良いと感じられる範囲で行なうようにしましょう。

 

そして、内臓系の病気や、癌などの病気、骨折などのケガが原因で痛みが起こっている場合には、
根本的な解決策は病気や、ケガの治療ということになります。

このような場合にはすぐに病院に行く必要があります。

 

このように肩甲骨と肩甲骨の間の背骨が痛いのは、様々な原因で起こります。

そして、改善方法も症状に応じて変わってきます。

そのため、異常を感じている場合には、まずは病院へ行くことが大切といえます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 肩甲骨付近にしこりが!押すと痛いけどコレって何なの?

  2. 利き腕とは反対側の肩甲骨付近が固くなるのはどうして?

  3. 背中・肩甲骨がつるように痛い原因と治し方【ぎっくり背中】

  4. 肩甲骨が痛い!首は倒せる?腕や手にもしびれがあるなら

  5. 胸・背中の痛み|胸椎椎間関節症の原因と治療法、症状は?

  6. 肩甲骨のこりが痛い!左右で痛みの原因が違う?解消法は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る