menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

筋肉痛の治し方|運動しなくても筋肉痛に?それも片側にだけ?

片側だけが痛い!運動もしていないのに!

筋肉痛は、運動した場合に起きる症状だと思っている人が非常に多い思います。運動もしていないのに『片方の太ももだけが筋肉痛になった』という人や、『片腕だけが筋肉痛になった』という人もいるでしょう。

運動をしていないことで、筋肉痛の原因が分からないため、自分でも気がつかないうちに筋肉を酷使していたのかな?と思ってしまうことでしょう。実は筋肉痛は、運動や、筋トレなどの筋肉の酷使だけではなく、他の原因でも起きる可能性があります。

まず筋肉痛が起きるメカニズムは、筋肉と血管の収縮によって起きるため、運動や、筋トレ以外で筋肉と血管の収縮が起きていれば、自分でも気がつかないうちに筋肉痛になってしまう場合があるわけです。

スポンサードリンク

自律神経の乱れから筋肉痛に?どういうこと?

運動や、筋トレ以外で筋肉痛が起きる原因として、身体のバランスをつかさどる自律神経の乱れによる筋肉痛です。自律神経は、交感神経と、副交感神経により成り立っており、この二つが交互に働き身体のバランスを維持しているといえます。

大まかに交感神経は日中の身体を、副交感神経は夜寝ている間の身体をつかさどっています。特に交感神経が活発に働きすぎてしまい、副交感神経とのバランスが大きく崩れてしまった場合、注意が必要です。

運動などをしていない状態であっても身体の中で、筋肉や、血管の収縮が激しく起きてしまうことがあります。そうなると、自分では意識していないのに運動をしたのと同じことが体内で起きていることになります。

片方の太ももだけが筋肉痛になったという状況が起きるといえます。この交感神経と、副交感神経のバランスが崩れることを『自律神経失調症』と呼び、筋肉痛だけでなく様々な身体の異変が起きる可能性があるため、早急な治療が必要となります。

スポンサードリンク

自律神経失調症の治し方

自律神経の乱れが要因となる筋肉痛が発症した場合、出来るだけ早急に原因を突き止め、治療を行なう必要があります。自律神経の乱れは、基本的に精神的なストレスから来る場合が多いため、そのストレスを取り除くことが最も効果的だといえます。

特に仕事でのストレスなどが大きく、それを発散できていない場合や、ストレスに弱い体質や、性格の場合には、運動以外での筋肉痛が発症する可能性が極めて高くなります。

そのため運動もしていないのに身体が痛い、怠いといった症状がある場合、まず医療機関を受診して原因の特定を行なうことをオススメします。

基本的に神経の乱れはストレスの解消と、休養が最も効果的な治し方です。ゆっくりと身体を休め、ストレスを発散する方法を見つけるということに専念すると、筋肉痛なども次第に軽減されていきます。

もちろん日頃のストレス発散が出来なければ、自律神経の乱れから、また起きる可能性が高くなります。ストレスを溜めない生活を心がけることも重要だといえます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. スクワットで筋肉痛!太ももを治す方法・ダメな方法は?

  2. 筋肉痛と肉離れは違うの?太ももの辛い痛みの治し方は?

  3. 筋肉痛の治し方|太ももの裏のハムストリングスに痛みが

  4. 筋肉痛の原因は運動不足も関係ある?太ももは回復が遅い

  5. 筋肉痛の治し方|姿勢から痛み?身体に負担のない歩き方

  6. 特定の日までに筋肉痛を和らげたい!どうにか治せない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る