menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

肩が痛いのを解消する3つの方法!筋肉からくる肩こり!

肩が痛いとお悩みの方は多いと思います。その原因は様々ですが、大半は筋肉の凝りによる血行不良が原因です。パソコンに座って作業するなど、無理な姿勢を長時間続けると、次第に筋肉疲労が進み筋肉が凝ってくることがあります。筋肉が凝ってくると、血管を圧迫し、血液の流れが悪くなり、筋肉疲労が溜まりやすくなります。

温泉や、お風呂で肩を温める

温泉を活用する

この血流の改善に良いのが、温めることです。温めると、血管が拡張し、血液の流れが良くなることが多いです。肩こりに効能がある温泉が、全国各地にいろいろあります。単純泉や、塩化物泉は、特に血行を良くする効能がある、と言われています。

日本の温泉の泉質は、単純泉や、塩化物泉であることが多いです。お近くに温泉がある方は、肩のこりを改善しに温まりに行かれると良いです。泊まらなくても、日帰り入浴が可能な宿泊施設が多いです。温泉地まで、

バスソルトを活用する

あまり行けないという方は、ご自宅のお風呂にバスソルトを入れてみて下さい。ヒマラヤ山脈の標高の高い場所にある、岩塩層から採掘されている、天然岩塩にはミネラルがたっぷり含まれており、お風呂に適量を入れると血行を良くすると言われています。

 そのため、通常のお湯より、バスソルトを入れた方が身体が温まりやすいです。あまり長時間熱いお風呂に入浴されると身体に負担をかけてしまうので、注意が必要です。ぬるめの温度に設定し、その分長めに入浴されると、身体に無理をかけずに身体を温めることが出来ます。

入浴前に心臓に遠いところから、かけ湯をされると、心臓にかかる負担を軽くすることが出来ます。入浴中はマッサージされると、さらに血行が良くなりやすいです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

蒸しタオルで肩を温める

夏場など、お風呂に入浴するのが辛い場合は、蒸しタオルを作るのがオススメです。蒸しタオルを痛い患部にかけることで、血行が良くなります。蒸しタオルの作り方は、タオルを水道水で濡らし、軽く絞って、ご家庭にある電子レンジで、約40~60秒を目安にチンするだけなので、簡単です。

なるべく柔らかいタオルを選ばれると、お肌にかけたときに気持ちが良いです。いきなりお肌にかけると熱くてヤケドする可能性があるので、手のひらで触って確かめてから、かけた方が良いです。熱いのは苦手という方でも、回数を重ねるごとに次第に慣れてきます。

それでも熱いという方は、乾いたタオルの上から、蒸しタオルをかける方法もあります。蒸しタオルで温めた後は、お肌が乾燥しやすくなるので、気になる方は保湿クリームを塗ると良いです。

あまり長い期間で解消されない場合は、血行不良が原因ではない可能性があるので、お医者さんで一度診てもらうと良いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 肩こりから頭痛へ!簡単なストレッチで解消してみては?

  2. 50肩の原因は?血流が悪くなると、急に肩が痛くなる?

  3. 毎日、筋トレするのは間違え?肩を効率よく鍛える方法!

  4. パソコンする人は注意!肩の痛みの原因はマウス症候群?

  5. 右肩が痛い原因は何科で診てもらう|急な痛みをストレッチで解消!

  6. 首と肩が痛い!これって整体だけで改善するのは難しいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る