menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

断食の方法には種類あり!期待できる効果にも違いがあります。

断食の方法、種類は?

断食には、どの食事を食べないようにするのか、どの程度続けるのか、などによって方法や、種類が分かれており、その中から自分が試すことができるものを選ぶことができます。

期間で分類すると、3日以上続けるものを本断食と言い、最長でも1週間ほど続ける事というハードな内容になっています。

ですが、そこまで本格的にするというのも難しいので、一般的にダイエットで利用されているのが、プチ断食と言われる1日や、2日程度続けるものです。

その中でも、さらに短期間となっているのが、半断食と言う半日程度のものとなっています。そして、何も食べない事ばかりが断食と言うわけではなく、例えば半断食と呼ばれる週1回、夕食を抜くというスタイルもあります。

その他にも毎食一食材のみ摂取するスタイル、新鮮なジュースや、スムージーのみを摂取するスタイル、果物や野菜のみのスタイルもあります。特に後者に関しては、代用品として酵素を使った断食も人気を集めています。

スポンサードリンク

方法や種類によって期待できる効果の違いは?

このようにいくつか断食にも種類があるのですが、それらの方法の違いには、当然期待することが出来る効果の違いも見られます。

例えば、半日程度、実施した場合は、食べない事によって、一番効果が出るといわれている、むくみの改善が期待できます。1日もしくは、2日実施する場合は、内臓をしっかり休める事ができるのでデトックス効果が高いです。

本格的なものは、デトックスや、ダイエット効果だけではなく、免疫力も上げることができるとされており、実施する期間が長ければ長いほど、孵化効果を期待することが出来るわけです。

内容による違いとしては、主に消化器官に対して、どの程度の負荷をかけないかというところがポイントであり、固形物を摂取しないようにすればするほど、便秘の解消や、内臓器官のデトックスの効果が高いと言われています。

なので、1食抜くスタイルの場合は、カロリーや、エネルギー消費に重点を置いていますし、食材を固定するスタイルのものは、宿便解消などの効果も追加できるのです。

スポンサードリンク

自分にあった断食方法を選ぶポイント

では、どのように自分に合った断食の方法を選べばいいのでしょうか?

まず初めて実施すると言う人の場合は、半日もしくは、1日の簡単なものから始めないと、飢餓状態に陥りやすくなってしまいますし、ストレスによるリバウンドが考えられます。

内容としても、食べないものよりも、何か食べる事ができる方法を選ぶことで、ある程度ストレスを軽減する事ができますし、体験してみて、どのような感じなのか、というところを確認する事が出来ます。

ある程度、慣れてきた場合の選び方のポイントとしては、自分の体調に合わせるということが重要になります。無理に期間が長いものを利用すると、負担が大きくなりますし、ストレスによって、逆効果になってしまう事もあるので要注意です。

そして、それぞれの方法や、種類によって、得られる効果の中で、自分が必要としているものは何かを考え、今の自分の状態で実施する事ができるものを選択する必要があります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 断食の効果は半日でも表れる?半日断食ダイエットの効果はコレだ!

  2. 断食中に宿便が排出される仕組み|必要な期間といつ出るのか?

  3. 断食ダイエットの正しいやり方は?進め方のポイントを初心者向けに!…

  4. 3日間断食の効果は?ニキビや吹き出物、美肌効果も期待できる!

  5. 断食でデトックス効果を高めるポイント、期待できる効果は?

  6. 断食道場って何?本気で断食したい人の為の断食道場の選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る