menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

二日酔いメイクのやり方とコツ&カラコンをプラスしてもOK

メイクはその時の流行があり、その年により変化があります。今話題になっているメイクが二日酔いメイクというものです。二日酔いと言ったら、お酒を飲んで顔を真っ赤にしているおじさんを想像してしまうかもしれませんが、それとは全然違います。

チークを強調するようなメイクでとてもかわいいです。そのメイクを毎日していこうというのが今流行っているメイク法です。では、どうやったら二日酔いメイクになるのか?やり方とコツを紹介します。

化粧水、乳液、美容液のコツ

普通メイクをするときは、メイクをする前に、化粧水だけで済ませる人もいますが、それでは二日酔いメイクにはなりません。まず、最初のコツがメイクをする前に、化粧水、乳液、美容液を使い、保湿をしないと上手く出来ないので注意してください。

スポンサードリンク

アイメイクのコツ

また、アイシャドーも二日酔いメイクには大事なコツです。まず、まぶた全体に塗り、ふわっと、ぼやけているような印象を与えます。また、ライナーのやり方は、2色のアイライナーが必要になります。

上のアイライナーはブラック、下の目頭半分はブラウンのアイライナーで書きます。マスカラのやり方は、黒のマスカラでまつげを長く見せるのがコツです。

チークとリップのコツ

そして、二日酔いのメイクの一番のポイントと行っても良いチークのやり方は、目の下にがっちりつけます。普通は、頬に塗るのですが、それでは、二日酔いの雰囲気が出せないので、目の下にたくさん塗るのがポイントになります。

また、リップのやり方は、グラデーションリップというやり方で唇の色をコンシーラーで消してから、ピンクや、赤のハッキリとした色で塗るのがポイントです。

スポンサードリンク

カラコン使う方法

また、二日酔いメイクには、カラコンも良く合います。特に茶色は、どんな顔にもなじむので、とてもオススメです。二日酔いメイクのポイントはやはりクリクリな目を強調する事にもありますので、カラコンを利用してクリクリな目を手に入れて下さい。

他にもグレーのカラコンでも少し外国人風になっておしゃれです。二日酔いと聞くと、アルコールや、お酒などで酔っている人の汚い印象がありますが、二日酔いメイクは清楚でかわいらしい雰囲気を出せるのが特徴です。

そのため、二日酔いメイクは全体的にメイクを濃くする必要があるのですが、でも濃すぎるとかわいらしい清楚な雰囲気とはかけ離れてしまい本当にアルコールで酔っ払っているようになるので、適度に濃くする事がコツです。

また、カラコンを入れても可愛くなれるので、普段からカラコンを利用しているという人にもオススメなメイク法です。カラコンも良く利用している茶色や、グレーでもメイクに合うで、カラコンはそのままで是非メイクだけ、二日酔いメイクにチェンジしてみて下さい。

もし、今後のメイク法で悩んでいる場合は、一度雑誌とかで、二日酔いメイクにチャレンジしてイメージチェンジをしてみると良いです。きっと今までとは違う自分になれること間違いなしです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 壁ドンより『肩ズン』?ギャップからキュンとなる仕草!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る