menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

私の椎間板は大丈夫?効果的な腰椎分離症の治療法は何?

腰椎分離症に限ったことではありませんが、病気の状況は患者ごとに違います。患者の側からすると、一刻も早く治して欲しい、と考えてしまいがちですが、検査はとても大切です。それを知ることで、医師はその人に一番合った治し方というものを考えることができます。つまり、検査もすでに治療の一部と言えるのです。

腰椎分離症の治療を始める前に、まず徹底的な検査を行う必要があります。これには、時間のかかるMRIやCTを使うことになるかもしれません。簡単に一方向からレントゲンを撮っただけでは分離部分が見えない場合があり、時には複数方向から撮ってもよくわからないこともあるためです。

最も効果的な治療法は何?

腰椎分離症を治療するために、もっとも良く使われる治療法は、コルセットです。発症するのは激しいスポーツを行っている若年層が多く、早い時点で対処を行えば、6ヶ月ほどコルセットを着用することで、分離してしまった骨が結合する可能性があります。

ただし、気を付けて欲しいのは、『整形外科で身体に合ったコルセットを作る』ということです。市販のコルセットが身体にピッタリと合うことは、まずありません。その場合、効果が期待出来ないだけでなく、むしろ状況を悪化させてしまうこともあります。

痛みへの対処という点では、原因である骨そのものではなく、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬といった薬(薬物療法)が使われることもあります。その他にも薬を使う方法として、神経やその周辺部位に麻酔薬を注入する神経ブロック療法もあります。局所麻酔を行うことで、痛みが伝わっていかないようにせき止めてしまうわけです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

手術は必要?あなたの椎間板は?

コルセットや薬(薬物療法)といった方法では効果が出なかった、あるいは不十分だった場合、手術という手段が選ばれることもあります。

患者がまだ若く、椎間板があまり変性していなければ、多くの場合、分離部分に骨を移植して固定する、分離部修復術という手術が行われます。一方、椎間板が変性して分離すべり症が起きているような場合、椎骨同士をチタン合金などを使って固定する、脊椎固定術という手術が行われます。

いずれにせよ、腰椎分離症で手術が行われるのは、日常生活に支障が出るような、かなり重傷の場合がほとんどです。基本的には、手術を行わない方法で様子を見ることになります。

これ以外にも、患部を暖める方法や冷やす方法、患部に電気を流す方法や、マッサージ、あるいは指圧といった方法もあります。どの方法がもっとも効果的かはその人によりますから、いきなりいろいろな方法を試すのではなく、まずは医師の診断を受け、しっかりと検査をしてもらうことが大切です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腰椎分離症の完治期間はどのくらい?もし手術になったら?

  2. 腰椎分離症の症状を改善!ストレッチと合せてやりたいこと!

  3. 意外と知らない人が多い?腰椎分離症とすべり症の違い!

  4. 腰椎分離症の治療方法や、治療期間の他にも注意が必要?

  5. 腰椎分離症の特徴は?リハビリ・エクササイズで機能改善

  6. 手術を検討中?腰椎分離症のリスク・術後・入院期間は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る