menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

断食のやり方を教えて、前準備・断食中・断食後の回復食まで

断食のやり方:前日の準備で体を慣らす

断食を行うと、疲れた胃腸を休めることができ、デトックス効果を高めることもできます。短期間で集中して、ダイエットしたいときにも効果的な方法です。簡単な初心者向けのやり方を紹介していきます。

断食はその名前の通り、食事を断つという行為ですが、初めて行うのであれば、週末のお休みの期間を利用することがおすすめです。

断食は、健康にも美容にも良い効果を期待することができますが、やり方もわからないまま、いきなり始めてしまうと、体にも負担がかかりますので、前日から準備をしておくと良いでしょう。

前日の準備のやり方ですが、明日から食べられないからと、多く食べてしまうことは、せっかくの効果が薄れてしまうことになりますので、前日の夕食は早い時間に済ませておき、消化の良いものを食べましょう。

そして量についても、いつもより控えめの量に止めておくと良いでしょう。食事の量は、いつもの半分から、7分目程度にとどめておき、ゆっくり噛んで食べ、事前に体を慣らしておきましょう。

スポンサードリンク

断食中は激しい運動はNG!

やり方ですが断食の最中は、固形物を摂らないこととなりますが、水分補給を行わないと、脱水になってしまうこともありますので、水分はきちんと取りましょう。

ミネラルウォーターはもちろん、お茶も良いですし、少量の糖分なら特に問題もありませんが、摂り過ぎには注意しましょう。水は代謝をアップし、デトックスの効果を高めてくれますし、空腹感を補うのにも役立ちます。

食事を摂らないと空腹がつらい、ストレスになってしまうということもありますが、そうした場合、酵素ドリンクのような飲み物を用意しておくと満足感もありますし、不足しがちな酵素を補うことができます。

さらにビタミンや、ミネラルなどの栄養素もしっかり補うことができますので、断食中の栄養不足を補うこともできます。断食中は激しい運動などは行わず、自宅で読書などをして、静かに過ごすと良いでしょう。

運動を行う場合は、軽いウォーキングや、ストレッチなどを行ない、体に負担のかからない程度に行いましょう。食事が取れないと、時間が長く感じてしまうこともありますが、そういった場合は早めに就寝することもオススメです。

スポンサードリンク

断食の翌日からは回復食で戻していく

断食が無事終了した後のやり方ですが、もちろん食事を取ることができますが、このときにいきなり、普通の食事に戻してしまうと、胃腸に負担がかかってしまいます。お腹が空いていても、急いで食べることは避けましょう。

まずは、具のあまり入っていない野菜スープや、お味噌汁、重湯などの体に負担の少ない食べ物をゆっくりと、取り入れていきましょう。断食は、短期間でも、体が飢餓状態になっていますので、いきなり食べてしまうと、かえって太ってしまうこともあります。

その後は、おかゆなど、少しずつ固形のものを取り入れていくことができますが、この場合も急いで食べたりせず、ゆっくりよく噛んで、体への負担を抑えていきましょう。

さらに翌日は、普通の食事が取れるようになりますが、この場合も、いきなりカロリーの高い食事を選ばずにヘルシーな野菜中心の和食を選んでおくことがおすすめです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 断食の方法には種類あり!期待できる効果にも違いがあります。

  2. 断食の効果と見た目の効果の現れやすい場所・現れにくい場所は?

  3. 断食後の回復食でリバウンドしないための注意点|何を食べれば良いの…

  4. 断食の効果は半日でも表れる?半日断食ダイエットの効果はコレだ!

  5. 3日間断食の効果は?ニキビや吹き出物、美肌効果も期待できる!

  6. 断食をホテルでするメリット|断食道場との違いはあるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る