menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

起床時に腰が痛い!ベッド・マットレスが合っていない!

ベッドや、マットレスが身体に合っていない

朝、起きたら腰が痛いという経験や、悩みを持つ人は、意外と多いのではないでしょうか?まず一番に挙げられる原因は、ベッドや、マットレスが、身体に合っていないということが考えられます。

ベッドや、マットレスは、長期間使用していると、その人の寝姿に跡がついてしまい、特に重い骨盤のところが沈み込んでしまったりしていることが多いのです。

スポンサードリンク

どのようなベッドや、マットレスが良いの?

腰が痛いという症状を解消するためには、新しいベッド、マットレスに買い換えるのが一番手っ取り早いのですが、ベッドや、マットレスは大きな家具でもあり、買い替えとなると、それなりのお値段がかかるため、おいそれと簡単には出来ないという人が多いことでしょう。

そこで、ベッドや、マットレスの上下を入れ替えるという方法があります。今まで頭の方に向いていた方を、足の方に持ってくるのです。

そうすると、沈み込んでしまっていた腰の部分が少し移動して、また新しい部分で骨盤を支えるようになることで、新しいベッドや、マットレスと同じような効果を発揮してくれるようになります。

ベッドや、マットレスに寝姿のクセがついてきたなと思ったら、このようにベッドや、マットレスの上下を入れ替えるのが、非常に効果的です。1ヶ月に一度ぐらいの割り合いで、上下の入れ替えを行うというのも良いでしょう。

それでも症状が改善されない場合

それでも、腰が痛いという症状が改善されない場合、ベッドや、マットレスの弾力が弱まっていることが原因ですので、それを補う意味で、骨盤を支える部分にバスタオルを敷いて、補強するという方法があります。

これならば、今夜からスグにでも出来る対処法です。それでも、まだ腰が痛い症状が改善しないという方は、今使用しているベッドや、マットレスが柔らかすぎるということが考えられます。

この場合、今使用しているものより、もう少し硬めのベッドや、マットレスに交換する必要があります。オススメなのは、ポケットコイルのベッドや、高反発のマットレスです。いずれも、寝ている身体を支える力が非常に強く、骨盤の沈み込みを防いでくれます。

スポンサードリンク

朝、起きたら腰が痛くなっているのは、どうして?

寝ている間、腰の部分が沈み込んでしまうベッドや、マットレスは、身体にとって不自然な状態で屈曲を強いていることになるのです。これが、腰が痛くなる最も多い原因のひとつです。

起きてから時間が経つと、痛みが引いてくるのはどうして?

それは、ベッドの骨盤の沈み込みが最小限に抑えられ、直立や、座った姿勢をとったとき、元の正しい位置に骨盤が戻ってきている証拠です。ベッドの硬さに慣れてくれば、腰の痛みも次第に発生しなくなるでしょう。

人間の体は、横になったときに、肩や、骨盤といった直立や、座った姿勢では考えられないところで、その重さを支えているものです。キチンとした寝姿が自然と保たれるように、あらかじめ自分の身体に合ったベッドや、マットレスを選びたいものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ぎっくり腰の治し方・原因・症状|なったら知っておきたい効果的な治…

  2. くしゃみの時、朝起きる時に腰が痛い!解消する方法は?

  3. 腰が痛いとき背筋を鍛えた方がいいの?効果的な筋トレ!

  4. なる前に知っていれば…効果的なぎっくり腰にの治し方!

  5. 腰痛持ちは必見?ぎっくり腰とは?予防法と対処法は何?

  6. 腰が痛いのは尻餅をついてから?原因と解消する方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る