menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

筋肉痛の治し方!太ももはどう治した方が効果的?

ふくらはぎだけでなく「太もも」まで筋肉痛になってしまったときには大抵、全身運動で、くまなく筋肉痛になっていませんか?

脚が筋肉痛になるとき、「ふくらはぎ」から痛みを感じるのがほとんどなので、太ももまで筋肉痛がきている場合には、階段の上り下り、歩行まで困難になることは珍しくありません。

スポンサードリンク

筋肉痛の治し方!太ももまで筋肉痛の場合には!

まず1日で治せるような方法はありません!太ももまで筋肉痛がきているのだから、これ以上、筋肉痛を悪化させないことが大切です。運動後・運動当日には、しっかりとストレッチをして、疲れた筋肉を冷やして休めて下さい。

動くことが難しいようでしたら、安静にして、筋肉が回復するのを待ちます。このときに無理のない範囲内で筋肉をもみほぐしても良いでしょう。

動けるようでしたら、筋肉に負荷をかけない程度の運動は、血流が良くなることで筋肉の回復を早める手助けをしてくれるので効果的です。

一見、矛盾しているように聞こえますが、運動後・運動当日には、疲れた筋肉を冷やすことが重要です。

筋肉を冷やして、痛みが引いてきてからは、その次の段階として血行・血流を良くしてあげることが重要になってきます。

具体的な方法として

冷湿布や、温湿布でも効果はありますが、痛み止め程度です。アイシングが出来るとベストですが、手っ取り早い方法として、お風呂の時に無理のない冷たいシャワーを筋肉痛の場所を重点的に当てても良いでし、半身浴の感じで冷水を湯船にためて脚全体を冷やしてあげても良いです。

もう一つの方法として、湯船に暖かいお湯を入れ、まずは身体を温め、血行・血流を良くします。次に冷水シャワーで筋肉痛の箇所を重点的に冷やして、また湯船に入ります。これを2~3度繰り返し、最後に冷水シャワーで終わりです。くれぐれも無理はしないようにして下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 筋肉痛の治し方|治りが遅い!教えて!治るまでの期間は

  2. 筋肉痛の治し方|痛いときは揉んだ方が良いの?逆効果?

  3. 筋肉痛の治し方|太ももの裏のハムストリングスに痛みが

  4. 筋肉痛が治らない時・長引く時の治し方|回復が遅い原因は何?

  5. 筋肉痛の治し方|熱中症から筋肉痛は危険なレベルです!

  6. 妊娠初期の症状に筋肉痛はありますか?太もも辺りに痛み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る