menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰が痛い症状の改善に筋トレは効果的?それとも逆効果?

腰痛の原因と、逆効果になる筋トレ

日本では、ほぼ全ての方が、1度は何らかの形で腰痛を発症するものと言われています。よく言われているのは、椎間板ヘルニアという病気や、ぎっくり腰などですね。

腰が痛くなる原因として考えられるのは、生活習慣や姿勢など様々ですが、その元を正すと、筋力の低下に繋がってくると言われています。筋肉が落ちてしまうため、悪い姿勢や、動作による腰の負担を軽減させることができず、椎間板が突き出したり、変形したり、腰の突然の痛みを発症したりしてしまうのだと、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

しかし、そのために筋トレをして、逆に痛みが強くなったり、腰痛が悪化してしまったという方もいるのではないでしょうか?

腰が痛い辛さや、症状を軽減させ、回復させるためにも、今後の予防のためにも、トレーニングは大切なのですが、ここで言う「筋トレ」というのが何を指しているのか?

しっかりと把握しておかないと、間違った運動により、症状を悪化させてしまう危険性があるので注意しましょう。

スポンサードリンク

腰痛予防に効果的なこと

ココで言う運動は、エアロビクスなどの激しい運動のことを指しているわけではありません。腰痛予防に効果的なのは、筋肉を強くすることと、ほぐすことです。

表面の太い筋肉ではなく、ストレッチを取り入れてほぐしながら、骨盤を安定させてあげるためのインナーマッスルをしっかり鍛えてあげることを指しています。

インナーマッスルを鍛え、腰周り全体の歪みを取り除き、正しい姿勢に矯正してあげることが重要なのです。

筋トレで腹筋や、背筋をいきなり鍛えようとした方は注意!

腰が痛い、もしくは腰痛になったことがあるという方は、筋トレという言葉だけに惑わされて、いきなり腹筋や、背筋などを鍛える運動を行わないようにしましょう。

まず、しっかりストレッチをして、筋肉をほぐし、腰を安定させて、支えながら取り入れられるインナーマッスルを強化するための筋トレを生活の中に取り入れていきましょう。

腹筋や、背筋はもちろん、腰を支えるためには大切な筋肉なのですが、表面的にみえる太い筋肉を鍛えるのではなく、骨盤や、脊柱などを支える、腰の中にある筋肉を鍛えることが大切です。

スポンサードリンク

姿勢の改善にもストレッチが効果的

まずはストレッチを行い、腰が痛い状態を招いている姿勢の改善を目指しましょう。椅子に座って、背もたれで腰を支えながら、両手を上にあげ、上半身を反らします。そのまま左右に伸ばしてもいいでしょう。

こうすることで、凝り固まっていた筋肉が伸び、良くほぐれ、同時に猫背も改善させることが出来ます。その後、壁から50センチ程度離れて立ち、壁に両手をついて上半身を反らします。

これも痛みが強い時は、無理をしないように気を付けましょう。腰を守りながら行うことが第一です。この運動は、腰を支えるために必要な部分の背筋を鍛える運動となります。

腰痛改善に必要な筋肉というのは、基本的には、心地よい伸びと、程よい運動で鍛えられるものばかりです。普段デスクワークなどで、猫背になり、体を動かすこともなく、パソコンに向かっていることで身体は固まってしまいます。

そうなる前に、適度にほぐし、動かし、姿勢を正し、血液循環を良くすることで、今後の腰痛予防にもなりますし、今の痛みも軽減に繋げていくことができるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仕事のときだけ腰が痛い!普段は痛くないのに何が原因?

  2. 身体の歪み・足の左右差から腰が痛い!解消する方法は?

  3. 色々と試してみたけど腰痛の原因は何?症状別5つのパターン

  4. 腰が痛い!身体に合わないマットレス・ベッドの解消法!

  5. 腰痛で前かがみになると腰が痛い症状が治らない原因3つと改善方法!…

  6. 急に腰が痛いのはマットレスが原因?効果的な寝方は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る