menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳が止まらない・熱はない時の原因は何が考えられますか?

咳が止まらない!

咳が止まらない!と困ることはありませんか?咳と軽く考えていても余りに長期間、咳が止まらないとなると、ただの風邪ではなく、何かしらの大きな病気の前兆である可能性もあります。

スポンサードリンク

病院に行く前の事前のチェック

病院に行くとしても、お医者さんに伝えるためにも、自分である程度は事前にチェックしていた方が良い点があります。咳が止まらない事以外にも何か問題はありますか?

例えば、熱はありませんか?呼吸に乱れはありませんか?といったように事前のセルフチェックによって、ある程度の原因を探っておくのも大切な事です。症状によっては、自力で出来る対策で治る可能性もありますからね。

大きく3つの原因に分けられる咳が止まらない理由

咳が止まらなくて、熱はないといった場合に考えられる病気には、大きく分けて3つが考えられます。一つは感染性の咳の病気です。3週間ぐらい咳が続いていて、でも症状は、ある程度軽くなっているという場合は、コレの可能性があります。

ピークを過ぎたのなら薬程度ですが、ピークを過ぎてないなら、更に原因を突き止めるために胸部X線検査や、血液検査などもします。3週間以上続いていて、症状の改善が見られないときは、空咳か、痰も出るかで判断します。

空咳なら、胸のX線画像や、CTで検査し、時には肺機能検査や、血液検査を行います。感染症なら原因の病原体に合った、抗菌薬を使用し、喘息なら吸入ステロイド薬や、気管支拡張薬を使用します。

アトピー咳や、アレルギー性鼻炎だったなら、抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬、点鼻薬を使用し、胃食道逆流症では胃酸を抑える薬、降圧薬の副作用なら薬の変更をします。

そして、痰も出ている咳なら、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の可能性があります。病気が進行すると咳が止まらないだけでなく息切れなど、呼吸にも問題が発生します。

他にも喘息、気管支拡張症、副鼻腔気管支症候群、慢性の鼻炎などを伴っている可能性もありますし、時には結核、肺がんなどの重度の病気の可能性もあるので、8週間以上、痰の絡んだ咳が止まらないのなら、早急に呼吸器内科を受診した方がいいです。

痰を楽に出す去痰薬が処方され、COPDなら気管支拡張薬・吸入ステロイドが処方されます。

禁煙はかなり大事!

ここまで、病院に行ったら、どのようなことになるのか、という流れを書きましたが、咳が止まらなくて、熱はない、咳に痰が絡むといった場合には、タバコが原因となっている事も多いです。

タバコの煙によって、肺が傷ついて、咳や、呼吸の乱れといった症状を発症している場合があるからです。なので、このような症状が見られて、喫煙をしているのならまずは、禁煙をするのが病気の回復・改善に繋がる最短の道ですね。

スポンサードリンク

とにかく病院へ!

いずれの症状にせよ、もし熱もないのに長期間、咳が止まらないといった症状が続いているのなら、たかが咳と思わずにすぐに病院に行くようにしましょう。それが、なにより手早い回復方法です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 咳が止まらない時の薬の選び方は咳と痰が絡むかで判断して下さい

  2. 咳が止まらない時、病院は何科か迷ったら症状別、事前確認すること

  3. 咳が止まらない=風邪の症状でなく長引く期間で判断することが出来ま…

  4. 咳が止まらない・痰が絡む原因となっている病気は色で特定できます

  5. 咳が止まらない、夜に横になるとひどくなる原因と予防、避けることは…

  6. 咳が止まらない時の対処法(自宅と外出先)と症状から原因を探る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る