menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

利き腕とは反対側の肩甲骨付近が固くなるのはどうして?

肩甲骨付近が固くなる

同じ姿勢を長時間続けたりすると、肩甲骨付近が固くなり、痛みなどを感じる場合があります。もちろん、肩甲骨自体が固くなるわけでは無く、その周りの筋肉や、関節が何らかの理由で固くなっています。

このような固さや、痛みは左右対称に生ずる場合もありますが、多くはどちらか一方の肩に現れます。人によって利き腕側に現れることもありますし、反対側が痛くなったり固くなることもあります。

片方だけ固くなると身体のバランスが崩れ、正面から見ると片方の肩が上がったように見えることもあります。また、背中に腕を回したときに、片方の腕だけが固くて、あまり回らない、上がらないといった事にもなります。

スポンサードリンク

利き腕と反対側の肩甲骨が固いのは

利き腕とは反対側の肩甲骨付近が固い場合、原因は複数考えられます。原因の一つはデスクワークなどで長時間座っている姿勢のバランスが悪いことです。

例えば、机に対して斜めに座る癖がある場合や、上半身のみを特定の方向に向ける事が多い場合(パソコンのディスプレイが身体の正面ではなく、左右どちらかに置いてある場合など)、足を組む癖があり身体を片側に傾けているなどです。

姿勢が悪いと左右の肩甲骨付近の筋肉や、関節が不均等に伸ばされた状態で固定されてしまい、片側だけ固くなる場合があります。片側が固くなると、それに合わせるため姿勢が悪くなり、姿勢が悪いことでさらに筋肉が固くなる、という悪循環に陥ります。

他に筋肉が固くなる原因として考えられるのは、疲労です。そのため、筋肉自体が衰えていると肩こりや、肩甲骨付近が固くなりやすくなります。利き腕と反対側は普段あまり使わないため、筋肉が衰えて、肩こりが起こりやすくなり、固くなっている可能性があります。

また、肩こりは血行不良により起こることがあります。冷房の吹き出し口に近い場合、身体の片側が冷えやすく、そちらの肩甲骨付近が肩こりから筋肉が固くなることがあります。

歯のかみ合わせが悪い場合も姿勢が悪くなりやすく、肩がこりやすく、筋肉が固くなるとも言われることがあります。しかし、噛み合わせと、肩こりについての直接的な関係が医学的、科学的にハッキリと示されているわけではありません。可能性はありますが、まずは通常の原因を疑った方が無難です。

スポンサードリンク

肩甲骨付近をほぐす方法と固くならない予防法

肩甲骨付近が固い場合は、まずは姿勢を確認しましょう。姿勢が傾いていると、片側の筋肉だけ固くなりやすくなります。自分では確認しにくいので、人に見てもらうと良いでしょう。なるべく左右均等に前後にも真っすぐした正しい姿勢を心がけましょう。

次に、左右均等に筋肉をほぐしたり、ある程度、鍛えることです。腕を上に上げたり、肩を上に上げるストレッチや、運動を一日に何度か行うようにすると良いでしょう。このとき、筋肉が固い方の肩だけ運動すると、結局また左右に差が出てしまいます。

両肩をまんべんなく、ほぐすようにしましょう。また、急に大きな負荷を与えると、痛みが出ることがあります。ゆっくりと軽い運動から始めると良いでしょう。

もし冷房などで、肩が冷えやすい場合は、設定温度の調整や、肩掛けなどで影響を和らげるようにしましょう。どうしても固い、また痛みが出てひどい、という場合は医師など専門家に相談するべきです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 肩甲骨周りが固い!鈍痛も!この息苦しさ解消するには?

  2. 背中の痛み・肩甲骨の痛みの原因は?肋間神経痛の症状?

  3. 肩甲骨の片側だけが固い!左右差に利き手は関係ないの?

  4. 肩甲骨の内側が痛い原因は?湿布よりも効果があるのは?

  5. 背骨が痛い原因|肩甲骨の間の軽い痛み・重度の症状を解消するには

  6. 肩甲骨の奥の痛み!あなたも?この原因が当てはまるかも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る