menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰部脊柱管狭窄症の手術!入院期間はどのくらい?

腰部脊柱管狭窄の初期の治療としては、保存療法や薬物療法、神経ブロック注射、リハビリなどを行っていきます。また、下肢麻痺、強い間欠性跛行、排尿障害、薬物療法や、神経ブロック注射などの治療を2~3ヶ月行っても改善が見られない場合、手術が検討されます。

どのような手術を行うのかというと、基本的には脊柱管の神経を圧迫している部分を削る手術が行われます。実際に神経の圧迫のされ方で、どのような手術が施されるかが選択され、腰の状態によっては腰椎を金具(ボルト)で固定する場合もあります。

腰部脊柱管狭窄の有無を検査・診断

神経を囲むような形で脊柱管があります。脊柱管が狭くなって、神経を圧迫しているような箇所はないかを調べます。もし狭窄があるからといって、必ず症状が出るとは限りません。

また腰部脊柱管狭窄症と似た症状が出る病気として、脚関節の『変形性膝関節症』、血管の『閉鎖性動脈硬化症』があるので、レントゲン検査、ミエログラフィー、MRI検査などを行い検査していきます。

スポンサードリンク

治療方法

治療方法として保存療法、薬物療法、理学療法、装具療法、神経ブロックなどを行います。

保存療法

痛みが辛い場合は、とにかく安静にすること。痛みが軽い場合に、様子を見ながら姿勢の改善や、リハビリなどを行います。腰を反らせると神経が圧迫されるので、症状が強くなってしまうので、普段の生活上でも腰を反らせるような姿勢は避ける必要があります。

薬物療法

非ステロイド性消炎鎮静剤や、内服薬、湿布、塗り薬、また血管を広げる作用を持つ血液改善薬などを使用して様子を見ます。

理学療法

温熱療法で血行の改善を行ったり、超音波療法、腰の牽引などを行います。

装具療法

屈曲コルセットを腰部を安定させる目的で装着します。屈曲コルセットは腰を少し曲げた状態で腰を固定するため脊柱管の神経の圧迫を和らげます。

神経ブロック

局所麻酔薬を患部に注射することで、痛みの伝達を遮断・ブロックし、血流の改善や、炎症を鎮める目的で使用されます。他にも「硬膜外ブロック」や、神経根に直接注射をする「神経根ブロック」があります。

神経ブロックは薬物療法を続けても症状があまり改善しない場合に有効です。数回の神経ブロックを行うことで、症状によっては痛みが消えることもあります。

スポンサードリンク

入院期間

手術にもよりますが、ほとんどの方が翌日から、翌々日には普通に歩けるようになり、1~2週間では退院することがほとんどです。
仕事復帰もデスクワークの方でしたら手術をして、退院した翌日から仕事復帰される方もいます。腰に負担が掛かるような仕事の方でしたら1か月は様子を見た方が良いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腰部脊柱管狭窄症とは?ヘルニアとの違い、症状と原因について!

  2. 腰部脊柱管狭窄症の手術後に後遺症・症状が残る?

  3. 腰部脊柱管狭窄症の病院・名医選びから費用の問題まで!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る