menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

筋肉痛の治し方|治りが遅い!教えて!治るまでの期間は

起こる原因や、治る日数、対応策を知っておく

筋肉痛は、日にちが経てば自然に治ると知っていても、治りが遅い感じることも多いのでは、ないでしょうか?やはり、出来るだけ早く治したいものであり、筋肉痛を和らげたり、回復を促す方法を知っていると、それだけ早く対応出来ます。

スポンサードリンク

治るまでの日数は、どのくらい?

筋肉は2~3日程度の期間で回復する事になりますから、通常の筋肉痛は2~3日で回復して痛みが無くなります。原因は、疲労物質が蓄積したり、回復時の炎症や、筋肉損傷等と言われています。

普段から、運動を行っていない方が急に身体を動かしたり、一定以上の負荷を筋肉にかけると、筋肉の緊張等によって繊維が切れて炎症を起こす事になります。運動した翌日等に痛みや、怠さを感じます。症状が強いと、歩く事すら難しいものです。

これは年齢や、体質によって差があるので、運動した翌日から筋肉痛が発生する人も居れば、3日後辺りから痛みが現れるという方も居ます。筋肉痛の原因というものは、現代医学で明確に解っているわけではありません。

治るのが遅い原因

筋肉痛が治るのが遅いという方は、安静にせずに筋肉回復を遅らせてしまったり、筋肉回復に必要な栄養成分が足りない等によって起こるものであり、他にも筋肉痛になりにくい事前対策を行っておけば筋肉痛回復を早くする事も可能です。

まず運動前後にはストレッチを行っておく事は有効であり、運動前は反動をつけた動的ストレッチを行い、運動後は反動をつけない静的ストレッチを行うと良いでしょう。筋肉痛緩和を促す栄養成分としてはタンパク質や、亜鉛、ビタミンB群が効果的です。

筋肉痛回復が遅い方は、これらの栄養素を大量消費する飲酒等が原因で、回復が遅れるというパターンも多いです。筋肉痛の期間中は、安静にして飲酒を避ける事が無難と言えます。

スポンサードリンク

効果的な治し方について

疲労回復を促すクエン酸摂取や、タンパク質、ビタミンB群、亜鉛の摂取は筋肉痛に対する食事面からの治し方として有効です。

筋肉痛は初期段階では安静が必要ですが、動かない期間が続いても硬くなって回復が遅れてしまいます。安静にしながらでも、軽いストレッチ等は必要です。

入浴も効果があり、お湯に5分程度浸かってから、患部に冷水のシャワーを30秒から2分程当てて、温冷交代浴を行う事は有効な治し方とも言えます。筋肉痛疲労があまりにも激しい場合には、その部位を氷で冷やして、マッサージするのも良いでしょう。

筋肉痛直後の安静期間を過ぎれば、軽いウォーキングや、ジョギングといった有酸素運動を行うと、血中の疲労物質である乳酸を取り除いてくれる働きがあり、適度な運動と、静的ストレッチでゆっくりと伸ばす事が望ましいです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 筋肉痛の治し方|教えて!無理に動かさない方が良いの?

  2. 筋肉痛の治し方|マッサージ・湿布でも効果が出ないのは

  3. 筋肉痛の治し方|熱中症から筋肉痛は危険なレベルです!

  4. 筋肉痛の原因は運動不足も関係ある?太ももは回復が遅い

  5. スクワットで筋肉痛!太ももを治す方法・ダメな方法は?

  6. 妊娠初期の症状に筋肉痛はありますか?太もも辺りに痛み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る