menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳喘息で痰が絡むことは少ないです。痰との関係、原因、治療法は?

咳喘息とは?

咳喘息』と聞くと、喘息の症状を思い浮かべるかもしれませんが、この咳喘息も症状が似ており、放っておくと3割程度の方が気管支喘息になってしまうので、注意が必要です。

呼吸器は、身体の中でも、酸素を取り込むためにも大事な器官です。その呼吸器には、様々な病気や、症状があります。

スポンサードリンク

咳喘息の症状について

咳喘息の症状に関しては、その名前の通り咳が続くのが特徴であり、しかも長期間に渡ることが多いです。一か月近く空咳が続くこともあり、多くの人は風邪の症状と、勘違いします。「どうも治るのが遅い」と感じ、通常の風邪ではないと気づくことが多いです。

喘息の症状と違う点としては、ヒュウヒュウ感や、ゼイゼイ感といった、呼吸困難な症状が無いという点で、軽症として見なされるため、発見が遅くなることが多いのが特徴となっています。

診断に関しては、熱や、痰が絡むことが少なく、聴診器による呼吸音も正常に近い感じとなります。

咳喘息と痰との関係は?

この咳喘息に関しては、痰が出ないことがあり、それは咳のタイプとして、乾性であることが特徴となっています。この痰が絡むことが少ない、痰が出ない場合には、その他の症状として『アトピー性咳嗽』との鑑定が必要となります。

アトピー性咳嗽の場合には、若干の痰が詰まっている感じや、喉のイガイガ感が出るため、また違った治療法が必要となります。

咳喘息と原因について

咳喘息は、大事な呼吸器に症状が出るので、心配になりますが、その原因についても様々です。喘息にも言えることですが、現代の生活環境には、空気に様々な原因となる物質が混入されています。

たとえば、クーラーなどの空調設備、家の埃や、ペットの毛や、ダニなどのハウスダスト、花粉や、車の排煙や、大気汚染物質などの外気、喫煙による影響など様々なものがあります。

これらが総合的に合わさって、原因となっています。そのために、アレルギーの原因となっているものを特定するのは、難しくなっています。そのため、初期症状に気づいて、早めに医師の診断を受けることが大事になってきます。

スポンサードリンク

咳喘息の治療法は?

さて、その咳喘息に掛かった場合の治療法ですが、これも喘息に従った治療法が基本的にされることになります。咳止めは、予防の観点から、効果があまりないために、気管支拡張剤や、ステロイド剤などを早期に適量、使っていくのが基本的な治療となっています。

同時に炎症を抑えることもしますが、やはり予防と言う観点から、日常生活の改善や、指導も行われます。

喘息と違って、症状が軽いため軽視しがちですが、埃などが立つ作業などでは、しっかりとマスクを付けるのが大事になってきます。喉などは、乾燥しないように水分補給などに気を付け、咳のひどさによっては、頓服剤などを使うことも必要となります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 咳喘息の症状は喘息の症状と違うの?特徴と治療法・予防を紹介!

  2. 咳喘息は何科を受診した方が良いですか?完治に必要な期間は?

  3. 咳喘息はうつるような生活習慣、環境を作らない予防と対策で改善!

  4. 咳喘息に市販薬は意味がなく気管支拡張薬など症状を見極める必要あり…

  5. 咳喘息の原因は気管支喘息と違います。何週間も咳に苦しんではいませ…

  6. 咳喘息の治し方を症状別に軽度から重度まで対策を紹介します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る