menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

筋肉痛で辛い時、湿布を使った治し方|寝る前ははがした方が良いの?

筋肉痛で湿布薬の効果は?

筋肉痛で湿布を使うのは、痛み止めとしての効果があるからです。しかし根本的な治療になるかというと、その効果がはっきりとしてはいません。患部を冷やすことで、血流を妨げ、筋肉の回復を遅らせるという説もあります。

一方で回復を早めるという説もあり、今後の研究の待たれるところです。現状では、筋肉痛の根本的な治し方として、湿布を使うのはあまり良い方法とは言えません。

そのため湿布は、痛み止めと割り切って使うべきです。少し動いただけでも痛い、痛みで動けないと、いった場合に限った方が良いでしょう。

スポンサードリンク

筋肉痛?遅発性筋痛とは?

筋肉痛は、普段動かしていない筋肉を使った場合や、激しい運動の後、「数時間~数日後に筋肉が痛い」といった「遅発性筋痛」のことを指します。筋肉痛の原因は、今だ完全に特定されたわけではありません。

以前は筋肉にたまった乳酸によって、痛みが引き起こされると考えられていました。最近では、運動によって傷ついた筋肉が修復するときに起こる炎症により、引き起こされるという説が有力になっています。

筋肉痛の治し方

通常、筋肉痛はある程度、安静にしていれば、日常生活に支障が出る事はありません。しかし、時にはひどい痛みで、動けないこともあります。そのような場合もまず、安静にするのが基本です。

またマッサージや、温浴といった血流を良くして、自然の治癒力を高めるのも効果が期待できます。さらに筋肉の修復に必要なタンパク質を多めに摂るようにして回復を早めましょう。

特に運動中に痛みがあり、かなり痛みがひどい場合、肉離れの可能性もあります。それ以外にも何か、他の原因で筋肉が炎症を起こしている可能性もあります。痛みがひどい場合や、長引く時には、医師など専門家に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

筋肉痛での湿布の使い方

湿布には温湿布と、冷湿布があります。温湿布は患部を暖め、血行をよくすることによって、治癒力を高める効果があります。一方冷湿布は、冷やすことによって、患部の炎症を抑えてくれる働きがあります。

そのため筋肉痛には、冷湿布の方が良いでしょう。筋肉痛は、筋肉の炎症から起こると、考えられているので冷湿布により、それを鎮めてくれる効果を期待できます。

眠るときに湿布は、はがした方が良いの?

しかし、患部を冷やすことによって、血流が妨げられ回復が遅くなる可能性があります。痛みがある程度引いたら、湿布は外した方が良いでしょう。もちろん、眠るときにも痛みがある程度引いてからは、湿布は外しておいた方が良いでしょう。

湿布といえども、薬の一種で皮膚からある程度、身体にその成分が吸収されていきます。必要以上に長く湿布を使うと、副作用が起こる可能性もあります。また、湿布をした部分が、カブレたりというような皮膚のトラブルを招くこともあるので注意が必要です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 筋肉痛の治し方|マッサージ・湿布でも効果が出ないのは

  2. 筋肉痛の治し方|熱中症から筋肉痛は危険なレベルです!

  3. 筋肉痛と肉離れは違うの?太ももの辛い痛みの治し方は?

  4. 筋トレをしても筋肉痛にならない!筋肉は付いているの?

  5. 妊娠初期の症状に筋肉痛はありますか?太もも辺りに痛み

  6. 筋肉痛の治し方!太ももはどう治した方が効果的?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る