menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

妊娠初期の症状に筋肉痛はありますか?太もも辺りに痛み

妊娠初期の太ももの痛みの原因

妊娠初期には、特別運動をしたわけでもないのに、太もものあたりに筋肉痛のようなものが起こる場合があります。筋肉痛と言うと、普段使わない筋肉を使ったことで起こるので、しばらく安静にしたり、マッサージをする事で徐々に回復していくものです。

妊娠すると身体の様々な部分に変化が表れます。これはお腹の中の赤ちゃんを守るためであったり、正常な出産を行うためであるため、とても大切なことです。しかし、時としてこの変化が妊婦にとって辛いものとなってしまうこともあるようです。

その一つが、太ももの痛みです。これは筋肉痛と同じような痛みであったり、人によって激痛で歩けなくなってしまうこともあります。こうなってしまう原因は、ホルモンバランスの崩れです。

スポンサードリンク

ホルモンバランスの崩れから、骨盤の歪みへ

女性の身体の中では、出産を無事に行えるように女性ホルモンが過剰に分泌されます。分泌されたホルモンの中には、骨盤周りの筋肉を緩める働きのあるものもあります。骨盤周りの筋肉を緩めて骨盤を開きやすくすることで、出産を可能にさせるからです。

しかし、時としてこのホルモンのせいで筋肉が緩み過ぎてしまうこともあります。すると、支えきれなくなった骨盤に歪みが生じたりします。元々、歪みがちだった骨盤がさらに左右不対象となり、太ももや、股関節に痛み、筋肉痛を発生させてしまいます。

妊娠初期に太ももや、足の付け根辺りが痛くなった、筋肉痛になったと言う場合は、この支えきれなくなった骨盤の歪みが原因と考えられます。

妊婦でも出来る応急処置

まずは安静にすることが大切です。無理に動かしたり、マッサージをしてしまうと余計に筋肉の痛みが強くなってしまうこともあります。また、冷湿布などで冷やすと血行も悪くなるので妊婦の身体には良くありません。

痛みがどうしても辛い時は、太ももなど患部や、その周辺の筋肉を温めてみましょう。歪みによって血流が悪くなり、滞る血液のせいで痛みが発生していることも考えられるので、太ももや、周辺の筋肉を温めることで痛みを解消出来る場合もあります。

スポンサードリンク

簡単にできる筋肉痛の治し方

簡単にできる筋肉痛の治し方としては、ウォーキングがあげられます。筋肉の痛みがそれほど、ひどくない場合は、ゆっくり散歩するように、ウォーキングを行ってみましょう。適度な運動は身体のバランスを整え、血液循環も良好にしてくれます。

毎日少しずつ無理のない程度に歩くことは、ストレス解消にもつながるので、精神的安定にも効果的でしょう。特に妊娠中はホルモンバランスの影響から、イライラしやすかったり、涙もろくなったり、怒りっぽくなったりと、精神面も不安定になりがちです。

この様な不安定な精神により血行が悪くなることも考えられるので、太ももの痛みがなくても、ウォーキングは妊婦さんにとって、とても良い運動なのです。

また、骨盤矯正のために、骨盤体操や、ストレッチを行うのもいいでしょう。きちんと体操を行えば、骨盤を正常な位置に戻し、保つことができます。しかし、妊娠中なので、身体に無理はさせないように気を付けましょう。

妊娠中は様々な諸症状に悩まされることも多いと思いますが、赤ちゃんが順調に成長し、身体がきちんと妊娠に順応しているという証拠なので、生まれてきた赤ちゃんとの生活を想像するなど、気持ちを前向きに切り替え、乗り越えていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 筋肉痛にならない人?なる人?太ももの筋トレ効果出てる?

  2. 筋肉痛の治し方|運動しなくても筋肉痛に?それも片側にだけ?

  3. 筋肉痛の治し方!太ももはどう治した方が効果的?

  4. スクワットで筋肉痛!太ももを治す方法・ダメな方法は?

  5. 筋肉痛の治し方|痛いときは揉んだ方が良いの?逆効果?

  6. 筋肉痛が治らない時・長引く時の治し方|回復が遅い原因は何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る