menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

便秘で臓器が圧迫!腸のねじれと腹痛の関係・おすすめの改善策

排便が何日もない便秘になると、腹痛や吐き気、重苦しさなどつらい症状が起きる場合が多く、便秘によるガスの発生や便の停滞によって内臓が圧迫されて痛みが生じる場合があります。

お腹のハリと吐き気などがあって苦しく、激しい痛みに襲われる場合もあるので、日ごろから便秘気味の人は改善策を実行して、便秘による苦痛から解放されましょう。

臓器の圧迫による腹痛

便秘になると腹痛が起こることは大変多く、重苦しいだけではなく、腹痛を感じて辛い思いをすることがあります。便秘による腹痛は痛みが激しい場合があり、生活にも支障をきたしてしまう人がいるほどです。

2~3日の便秘になることがあるという人から、1週間や10日間など長期にわたって排便がないことが習慣化しているという人もいます。

腸に便がたまって時間が経過すると、腸内にたまっている便が腐敗していきます。

夏で気温が高い場所に食べ物を置きっぱなしにすると腐って、嫌な臭いのガスが出るのと同じように、腸の中で便が腐敗してガスが出るという現象が起きるのです。

腐敗した便からは、有害物質が含まれているガスが発生し、腸の中でたまった便とガスが膨張していくことで、膨れ上がった腸が近くにある臓器を圧迫していきます。

圧迫されてしまった臓器は、強く押されている状態になるため、うまく働くことができなくなり、痛みが発生してしまうことになります。

スポンサードリンク

腸のねじれによる腹痛

腸は、個人差が大変大きい臓器と言われています。

生まれつき、骨盤の内側に腸がたわんでいることや、ねじれていたり、ねじれやすかったりする場合もあります。

誰もが同じようにおなかの中に入っているわけではなく、腸は、おなかの中で動いたり、ねじれたりしやすく、たわみやねじれていたりします。

例え、ねじれがあっても、便が正常に通過することができて、便秘で無ければ、支障がないことがほとんどです。

運動量が少なくて、便の動きを促しにくい人や便が硬かったり、量が少ない人などは、ねじれた腸に便がたまりやすくなります。

便が移動することができないまま、腐敗してガスが生じ大変強い痛みを生じることがあります。

ズキズキとする強い痛みがあり、冷や汗が出ることもあるほどで、便がたまっていることで腸が細くなり、詰まってしまうと、腸閉塞になってしまうこともあります。

激しい痛みの経験がある人は、便秘にならないように気を付けて、便を排出する習慣をつけることが大切です。

便秘が気になる人におすすめの改善策

便秘で腹痛がある人は、痛みが起きてしまった場合には消化の良い食べ物と水を摂取することが大切です。

冷たいものは腸を刺激して痛みを増してしまうので、暖かい食べ物や白湯などを飲むとよいでしょう。

食物繊維がたっぷりと含まれている海藻類や、春菊などをプラスするとより効果的です。

便秘がちな人は、日ごろから便通を良くするような食生活や、腸を動かすような運動をすることが改善策になります。

海藻類や野菜などをたっぷりと食べて、水分を大目に摂取するように心がけることが基本です。

また、腸内環境を改善することも大切なので、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで毎日乳酸菌を補給するように心がけることをおすすめします。

食物繊維が多いシリアルや、果物とヨーグルトやグリーンスムージーなどを朝食にすると便秘に効果があると言われています。

腸を動かして排便を促すように、歩くことを心掛けたり、おなかをひねるような運動やお腹のマッサージもおすすめの改善策です。

スポンサードリンク

まとめ

便秘は、病気ではないという意識がある人も多いのですが、腸閉塞になった場合には、病院に行かなくてはならないほどの強烈な痛みが生じます。

内臓が圧迫されて激しい痛みを伴ったり、腸のねじれの部分を便が通過できずに強い痛みが生じたりすることもあります。

また、有毒ガスが発生して肌荒れや体の不調を引き起こすこともあるので、日ごろから便秘にならないような食生活や運動などを心掛けることが大切です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 便秘解消のツボにお灸が簡単で効果あり!ツボの場所、やり方など

  2. 便秘解消に『夜ヨーグルト』美肌効果もアップするおススメの方法とは…

  3. 便秘と下痢が同時に!繰り返さないで防ぐ方法には?突然なったりする…

  4. 便秘に温罨法をいつやるのが効果的?座薬より負担のない解消法あり!…

  5. 便秘で座薬は妊婦でも使える?妊娠中の排便をスムーズにしたい時に

  6. 便秘にヨーグルトをいつ食べるかで効果に違い!タイミングや量の違い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る