menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰椎分離症の特徴は?リハビリ・エクササイズで機能改善

腰椎分離症とは、腰を反ることが多いバスケットボールやバレーボールなどのスポーツや、また体をひねる動作が多いサッカーや野球などのスポーツを行っている人に多い障害です。

多くがスポーツ選手に起こる障害であり、原因は何度も繰り返される腰への負荷によって、腰椎が疲労骨折するためと言われています。その他にも原因は色々あります。腰痛には筋肉が疲労している事から痛みが起こっている場合や、椎間板ヘルニアのような構造的な破たんによって痛みが引き起こされる場合です。

腰椎分離症の特徴は?

スポーツ選手の中にはただの腰痛だからと言って、あまり深く考えず、自己判断で練習を続けてしまっている人も多いようです。腰痛の状態によっては運動を中止して、リハビリした方がいい場合もあるので注意が必要です。

腰椎分離症は腰の部分の構造的はたんが原因で起こる腰痛なので、決して軽く見てはいけない腰痛の一つです。腰椎分離症の場合、腰を反る動作をした時に、腰の付け根部分に痛みが起こるのが特徴で、熱感や圧痛などがある場合もあります。

スポンサードリンク

リハビリと、エクササイズで機能の改善

腰椎の癒合が期待できそうな場合は、コルセットによって腰を固定したり、しばらく運動を中止します。もし腰椎の癒合が期待できない場合には、リハビリによって機能の改善を試みながら、腰の痛みの程度に応じてエクササイズを行い、少しずつスポーツに復帰するようにします。

さらに、機能の改善を勧めながらスポーツ復帰をする場合には、まず脊柱や股関節の柔軟性を改善し、体幹深部筋の強化を行い、体幹深部を意識した動作が行えるエクササイズや、リハビリをするといいでしょう。

股関節や背骨が正常に動くようになるのが最初の課題で、股関節や胸部の動きが小さければ腰への負担が増えてしまうので、骨盤や、背骨のねじれや股関節が動く範囲が広くなるように改善を行うといいでしょう。

また、体幹深部の筋肉の活動が骨盤帯や、背骨の安定性に関係してくるので、体幹深部の筋力トレーニングを行うのがいいでしょう。体幹トレーニングは同じ姿勢でするだけでなく、色々な姿勢を組み合わせるのがいいでしょう。

さらに、スポーツをする上では背骨を思い切り反ったり、ねじったりする動作をするため、スクワットの姿勢やスイングの動作など、色々なエクササイズをしていく中で正しく筋肉の動きが出来る様にしていく事が必要です。

スポンサードリンク

まとめ

腰椎分離症は腰の骨の癒合が可能な場合、腰をコルセットなどの装具で固定することや、スポーツを休止する事が必要です。それを判断するためには詳しい検査が必要になります。万が一、成長期に腰痛が起こった時にはスポーツ整形などを受診し、適切な判断をして頂くのが良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腰椎分離症の完治期間はどのくらい?もし手術になったら?

  2. 手術を検討中?腰椎分離症のリスク・術後・入院期間は?

  3. 何が痛みの原因?腰椎分離症の治療と完治させる方法は?

  4. 腰椎分離症の症状を改善!ストレッチと合せてやりたいこと!

  5. 私の椎間板は大丈夫?効果的な腰椎分離症の治療法は何?

  6. 腰椎分離症の治療方法や、治療期間の他にも注意が必要?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る