menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰が痛いのは尻餅をついてから?原因と解消する方法は?

直接、腰に負担を掛けなくても痛みが出る?

腰痛は、日常のふとした動作がキッカケでも引き起こされます。前かがみになるときや、長時間に渡って同じ姿勢でデスクワークを行うなどもです。

直接、腰に負担がかかるのは分かりやすいですが、意外なことが原因で腰痛が引き起こされる場合もあるため注意が必要です。

例えば、尻餅をついた場合です。尻餅をついた時に痛みがお尻にあった程度でも、2~3日経過したあたりから、椅子に座ると腰が痛いと感じるようになってくることもあります。

このような場合、初めは気のせいかな?と思う程度の痛みがあったとしても、お尻に体重をかけるほど、腰に痛みが走るようになってくることがあります。尻餅くらいと放っておくと、さらにその後に痛みがひどくなる恐れもあります。

症状が悪化してくると、荷物を地面から持ち上げる場合など、腰に負担がかかる動作でますます痛みを感じるようになってきます。やがては、少しでも腰を動かす程度の軽くお辞儀をするだけの動作でさえ、痛みを感じるようになります。

スポンサードリンク

そうなる前に病院で診察を!

その日は痛みがすぐに引いたとしても、何日かして症状がみられたら、自己診断せずに専門家の判断を仰ぐことが大切です。尻餅をつくと、でん部から腰にかけて体重の何倍もの衝撃が加わるといわれています。

その衝撃によって複数の骨にゆがみが生じ、本人の気づかないところで、腰や、背中などの痛みの原因になるということが実際にあります。

尻餅をついたことにより、坐骨が前に飛び出るように歪んでしまったり、またそれに伴い、腰椎から脊椎、そして頸椎にかけて正常なS字カーブを描いているはずの背骨にひずみが生じることもあります。

仙骨や、腸骨など、普段なら左右対称であるはずの骨にも影響が出たことで、結果として、腰周辺の筋肉や、神経が圧迫されて激しい痛みの原因になってきます。

スポンサードリンク

腰の痛みを和らげるストレッチ

腰痛の原因は、外傷の場合とは違い、外側からは分かりません。できるだけ速やかに整形外科などを受診することが大切です。

治療を受け、また医師に腰痛の改善法を聞くなどアドバイスをもらって下さい。また、日常生活の中でも、腰痛を改善するために自分で出来る運動として、椅子を使ったストレッチをご紹介します。

椅子さえあれば、休憩時間などを利用してストレッチすることが出来ます。方法は、まず椅子に深く腰掛け、膝の上に手を置いた状態で、深く息を吐きながら、前屈するように腰を膝に向けて、前に倒していきます。

その姿勢を5秒キープし、ゆっくりと腰を元に戻します。これを何度か繰り返し、腰の痛みが軽くなるように感じたら効果ありです。また、椅子に座って背筋を伸ばしたまま、腰をゆっくり左右にひねる運動もストレッチとして効果的です。

腰痛は、放っておくと慢性化してしまいます。少しでも違和感を感じたら、まずは専門医に診てもらうなど、解消に向けて対処することが大切になります。そして、ストレッチなど行い、予防にも気を配っていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腰が痛い症状の改善に筋トレは効果的?それとも逆効果?

  2. ぎっくり腰の治し方・原因・症状|なったら知っておきたい効果的な治…

  3. 若くても腰痛に?腰が痛い原因はジョギングや、くしゃみ?

  4. 右の腰が痛い原因|片側だけが腰痛になる3つの主な原因

  5. 急に腰が痛いのはマットレスが原因?効果的な寝方は?

  6. くしゃみの時、朝起きる時に腰が痛い!解消する方法は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る