menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳が止まらない・痰が絡む原因となっている病気は色で特定できます

咳が止まらない、上痰が絡むというときは、よく風邪ではない病気が原因となっていると聞くので、不安になる方も多いと思います。なぜ痰が絡むのか?どんな病気が考えられるのか?など、疑問も多いでしょう。ここでは咳と、痰の関係性について、紹介していきます。

なぜ咳に痰が絡む?

そもそも痰とは、飲み込み切れなかった気道分泌物が、その正体です。呼吸をする際、空気の通り道となる起動は、常に細胞から分泌される気道分泌物に被われています。

これは、気道を守るためには、欠かせない分泌物であり、普段は意識しない内に飲み込んでいるので、蓄積することはありません。

しかし、風邪や、何かしらのウイルスが侵入すると、このウイルスや、細菌を殺菌したものが、気道分泌物に混ざり蓄積されていくため、痰となって排出されます。

つまり「痰が出る=風邪や、呼吸器系の病気にかかっている」と、判断することが出来ます。痰自身は、ウイスルや、細菌の死骸を体外へ、排出しようとしているので、痰を出しやすくして、あげることが大切です。

スポンサードリンク

痰が絡む時に考えられる病気

では、咳が止まらないで、痰が絡む場合、どんな病気が考えられるのか?実は、痰の色によって原因となっている病気が異なります。

【白黄色~淡黄色】急性気管支炎・肺炎など

【緑色】慢性気管支炎など

【さび色】球菌性肺炎、肺気腫など

【透明~白色】アレルギー性気管支炎など

【ピンク色】肺水腫など

【赤色】肺出血、気管動脈瘤

このように痰の色によって、ある程度、原因となっている病気を特定することが出来ます。咳が止まらない、痰がよく出るという方は、痰の色にも着目してみて下さい。

ちなみに最も多いのは、白黄色~淡黄色の痰であり、ウイルス性の病気などによく見られます。

痰が絡む場合の対処法

咳が止まらない上に痰が絡んで、呼吸が辛いという場合、以下に紹介する方法を試してみたください。

水分をよく摂る

水分をよく摂ることで、固い痰を柔らかくすることができ、無理なく痰を排出することが出来ます。逆に喉が、乾燥している状態だと、痰を出す際に痛みを伴うこともあるので、多めの水分摂取は必須です。

刺激物を摂取しない

辛いもの、塩分が高いものなどは、痰を増やすことになり、のどに負担をかける原因でもあります。そのため、刺激物の摂取を避け、のどにやさしい食べ物や、飲み物を心掛けましょう。

タバコを吸わない

禁煙者に関しては、タバコが痰の原因にもなります。このため、痰が絡んで、辛いという場合は、タバコを吸わないようにし、副流煙にも十分注意しましょう。

去痰薬を服用する

長期間にわたる咳で、痰が絡む場合、去痰薬を服用させることが多いでしょう。去痰薬とは、痰を出しやすくするための薬であり、高い効果を発揮してくれます。

スポンサードリンク

まとめ

咳が止まらない上に痰が、よく出るのって非常に辛いので、出来れば早々に治って欲しいものです。もしも、痰が絡む咳が出るのであれば、ますは痰の色で、ある程度の症状を把握し、最終的には医師に相談してください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 咳が止まらないのはタバコが原因?呼吸器系の病気を併発している?

  2. 咳が止まらない時、病院は何科か迷ったら症状別、事前確認すること

  3. 咳が止まらない=風邪の症状でなく長引く期間で判断することが出来ま…

  4. 咳が止まらない・熱はない時の原因は何が考えられますか?

  5. 咳が止まらない上に吐き気があるけど風邪以外に考えられる原因は何?…

  6. 咳が止まらない、夜に横になるとひどくなる原因と予防、避けることは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る