menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

痛みで眠れない!腰椎椎間板ヘルニアでも熟睡するには?

腰が痛くて眠れない…

腰椎椎間板ヘルニアを患っていて、腰に痛みがあると、横になっても痛みがあるために熟睡出来ない場合が良くあります。

人は睡眠に入ってから、最初の3時間に成長ホルモンが最も多く分泌されると言われています。この間に熟睡できないと、十分なホルモンが分泌されず、骨や、筋肉の成長や、体の回復が遅れ、自律神経などのバランスも崩れやすくなってしまいます。

そのため、ストレスが溜まったり、疲れが取れなかったりして、体力も落ち、抵抗力、免疫力が低下してしまいます。そこから様々な病気を引き起こしてしまうので、睡眠は人にとって、とても大切なのです。

スポンサードリンク

熟睡するには、どうしたらいいの?

眠る直前に入浴する方がいますが、これは神経を興奮させてしまうので、眠りにつきづらくさせてしまいます。睡眠の1時間前には入浴を終わらせるようにすると良いでしょう。

また、スマホや、パソコンなどの画面を見ることも脳を活発にさせるため、その後すぐに布団に入っても、すぐに眠りにつくことが出来ません。質の良い眠りをとるためには、入浴、スマホ、パソコンなどを1時間前には終わらせ、心も体も神経もゆったりとリラックスさせることが大切です。

好きな音楽を聴きながら、カフェインの入っていない温かい飲み物を飲み、アロマなどの好きな香りを嗅ぐなどして、スムーズに睡眠に入れる環境づくりをしたいですね。また、ストレッチも効果的なので、眠る前に腰周りを伸ばすストレッチなど行うと、眠りにも、腰椎椎間板ヘルニアにも効果的となるでしょう。

腰に負担が掛からない寝方は?

熟睡するには、痛みを極力感じず、腰にも負担がかからない体勢で、眠りにつくことが大切です。足をまっすぐに伸ばした状態では、仰向けでも、うつぶせでも、腰が反りかえってしまい、負担がかかりすぎてしまいます。

これでは痛みが強くなるため、症状も悪化してしまい、痛みによって熟睡できません。腰のカーブが反らないように、自然な形になることを心がけて眠た方が熟睡しやすくなります。

眠るときには横向きで、膝を軽く曲げるようにするか、仰向けなら、膝の下にクッションなどを挟み、膝を曲げた状態にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

身体に合うマットレスの選び方

やわらかく、ふんわりとしたマットレスだと、最初のさわり心地はとても良いものです。しかし、眠りに落ちてから、どんどんマットレスの中に体が沈んでいくことになるので、体勢が不自然になり、腰に負担がかかってしまいます。

沈みすぎたり、柔らかすぎるマットレスは、腰椎椎間板ヘルニアを悪化させることになるので、避けましょう。逆に硬すぎたり、薄すぎるマットレスも自分の体と、マットレスで押し合って血流を妨げる危険性があります。

血行不良になると、腰椎椎間板ヘルニアを悪化させることになってしまいます。一番良いのは、硬めで、適度な厚みのあるマットレスです。なかなか自分に合うマットレスを見つけられない場合は、バスタオルを敷くなどして、硬さを調節すると良いでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 腰椎椎間板ヘルニアは手術で治るの?判断とタイミング!

  2. 腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法!朝腰が痛い!

  3. 腰椎椎間板ヘルニアの痛みを軽減!手術以外の治療法は?

  4. 腰椎椎間板ヘルニアに効果的!ブロック注射の治療とは?

  5. スポーツに復帰は可能?診断結果は腰椎椎間板ヘルニア!

  6. 腰椎椎間板ヘルニアの自己負担額は?検査・手術費用は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る