menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

スポーツに復帰は可能?診断結果は腰椎椎間板ヘルニア!

スポーツ障害としての椎間板ヘルニア

スポーツの最中激しい腰の痛みを感じ、ぎっくり腰だと思って病院を受診したら、腰椎間板ヘルニアだったなんてことは珍しい話ではありません。ただの腰痛だと思っていても、腰椎間板ヘルニアが隠れている場合は、誰にでも十分にあります。

この場合は、安静にしているだけでは痛みは治りませんので、きちんとした治療が必要です。たかがぎっくり腰と判断せず、整形外科などで診察してもらい、適切な処置を受けることをおすすめします。

スポンサードリンク

腰に激痛が走った場合の対応&対処方法

腰椎椎間板ヘルニアの症状が出た場合、痛みに応じた対応が必要になります。痛みがひどく我慢出来ないという場合は、出来るだけ椎間板に負担をかけないように安静にする事が大切です。

神経の炎症により痛みが生じるため患部を冷却させたり、消炎鎮痛剤で応急処置を行うのも効果的です。しびれがある場合は、坐骨神経を圧迫している可能性が高いです。放置して悪化すると、腰への負担が蓄積し治療が長引く事もあるので、病院で早期の診断を受けるようにして下さい。

治療の種類&期間はどのくらい?

病院では、椎間板ヘルニアの治療法は大きく保存療法と、手術療法の2つがあります。保存療法というのは、手術を行わない治療方法です。この病気は、自然治癒することもあるため、段階として保存療法から、治療が進められ、理学療法や、投薬や、リハビリなどが中心となります。

治療に要する期間は個人差が非常に大きく、1ヶ月で完治したという人もいれば再発を繰り返し、なかなか治らないという人もいますので一概には言えません。

しかし患者の多くは良性で、3ヶ月以内に6割の人に痛みが自然に改善したとのデータもあります。保存治療を行ったにも関わらず改善されず、痛みやしびれが治らない、排尿障害などの重い症状の人はヘルニアの切開手術が行われます。

手術が一番早く効果的であると思っている方も多くいらっしゃいますが、手術が成功したからといって、必ずしも完治できるわけではありません。術後はリハビリ期間も含め、約1~2週間の入院が必要になります。自分に合った適切な治療を進めていくことが、完治の近道となります。

また大好きなスポーツに復帰出来ます!

腰椎椎間板ヘルニアを発症し手術を行った場合、日常生活、仕事への復帰が課題となります。アスリートや、スポーツが好きな方であれば、スポーツに復帰出来るかどうか?が大きな問題になるでしょう。

結論から言うとスポーツ復帰は可能です。一般的に腰椎椎間板ヘルニアからの早期スポーツ復帰は、専用のジムなど専門の理学療法士指導の下、個々に合わせたメニューでのリハビリを行って、早期の復帰を試みることが多いようです。

プロのアスリートでも手術無しで、発症前以上に成績を出している人もいます。ですが、復帰出来ても、再発しては元も子もありません。再発の可能性があるということを理解し、無理の無いよう心がけて下さい。

スポンサードリンク

完治のために再発、悪化を防ぐ方法

腰椎間板ヘルニアは自然に治癒する場合もあり、手術しても100%完治するとはいえない病気です。つまり誰にでも悪化、再発の可能性があると言えます。

例え治ったと思っていても、一度痛めた椎間板に対し、発生させた原因の動作を繰り返しているのであれば、再発は避けられないでしょう。原因となった動作を改善することが、病気そのものの改善になると言えます。

またウォーキングなど、腰への負担が少ないトレーニングを行うこともおすすめです。腰を支える腹筋や、背筋を鍛えることにより、筋肉が腰周りの天然のコルセットとなり、負担を軽減してくれる効果があります。腰へ負担のかかる動作に注意するほか、体重増加等にも十分注意しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 腰椎椎間板ヘルニアの痛みを和らげる方法!朝腰が痛い!

  2. 腰椎椎間板ヘルニアに!リハビリの効果・種類・期間は?

  3. 腰椎椎間板ヘルニアの症状の悪化の仕方|治療の期間は?

  4. 腰椎椎間板ヘルニアの自己負担額は?検査・手術費用は?

  5. 腰椎椎間板ヘルニアに効果的!ブロック注射の治療とは?

  6. 腰椎椎間板ヘルニアは手術で治るの?判断とタイミング!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る