menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

肩甲骨周りが固い!鈍痛も!この息苦しさ解消するには?

肩甲骨周りの痛みが息苦しい

身体を左右に動かすときに肩甲骨周りに痛みを感じたり、鈍痛を感じることはありませんか?そのような方は、肩甲骨に意識を向けてみると、姿勢や、動きによって息苦しいような痛みに襲われることもあるでしょう。

はじめは何となく背中が凝っていて、息苦しくて生活がしずらく、デスクワークなどをしていると辛いと感じる人が多いといいます。多くの人は、そのまま放置したり、単なる肩こりだと思って、自分なりの運動や、マッサージでほぐすなどして、対処していると思います。

スポンサードリンク

何をやっても解消しない場合には?

痛みを感じる部分に湿布を貼っても効果がない場合は、痛みの原因が筋肉や、腱の炎症ではないという事を示しています。効かないからと、むやみに湿布を貼ると交感神経が刺激されて、精神的な影響が出る恐れもあるので注意した方が良いでしょう。

ストレッチや、マッサージがあまり効いていない場合は、そのストレッチの仕方が効果的ではないと考えられます。また整体師などにマッサージをしてもらっても効果がない場合は、間違った場所をマッサージしてもらっている可能性が高いです。

痛みの原因は日常生活のすべて?

肩甲骨周りの痛みの原因の多くは、肩甲骨周りの筋肉が凝り固まってしまった事です。なぜ肩甲骨回りの筋肉が固まってしまうのか?については「日常生活の全てが原因」といっても過言ではありません。

まずは、姿勢が猫背になっていないか確認してみましょう。壁に沿って立ち、お尻、かかと、背中、肩、後頭部をきちんと付けて立てない場合は、姿勢がおかしくなっています。

姿勢が悪いと、歩き方まで悪くなってしまいます。猫背になり、膝から下だけを動かして歩いているような「誰かに歩かされている」ような歩き方になってきます。

マラソン選手の動きをきちんと見ると、よくわかると思います。肩甲骨がくっきりと浮き出て、走行中に前後によく動いています。人は歩いたり、走ったりするときに肩甲骨を動かすことが起点となり、股関節を動かして、足を前に運ぶように作られています。

全ての動きの起点になるのが、肩甲骨と言っても過言ではありません。運動不足だったり、デスクワークばかりをしていると、肩甲骨は固まって、うまく動かなくなります。動くはずの場所が動かないので、鈍痛を感じたり、息苦しさを感じてしまいます。

スポンサードリンク

こりを解消するためには?

その痛みを解消するためには「肩甲骨はがし」というマッサージをすることが大切です。方法は、手を後ろに組んだ状態で、肩甲骨を浮き上がらせ、前後左右に動します。最初は動かしづらいですが、地道に続けていくうちに問題は徐々に解消されていくでしょう。

他にも、肘から上を顔の前あたりでくっつけて、上下に動かしたり、そのまま両サイドへ開閉する動きも肩甲骨の凝りを解消するのに効果があります。また肩甲骨はがしを得意とする整体師や、整骨院を探してみるのもよい解決策だと言えます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 胸・背中の痛み|胸椎椎間関節症の原因と治療法、症状は?

  2. 利き腕とは反対側の肩甲骨付近が固くなるのはどうして?

  3. 肩甲骨を使うジョギング!脂肪燃焼に効果的な有酸素運動

  4. 肩甲骨の内側が痛い原因は?湿布よりも効果があるのは?

  5. 腕を動かすと肩甲骨が痛い!筋肉を日頃、解してますか?

  6. 背中の痛み・肩甲骨の痛みの原因は?肋間神経痛の症状?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る