menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

腰痛持ちは必見?ぎっくり腰とは?予防法と対処法は何?

ぎっくり腰とは、腰に痛みがあり、動きが制限されてしまう腰痛の一つです。座った体勢から立ち上がったときなどに、ギクッとした痛みを生じることがあります。人によって腰の痛み方や、痛みの場所が違ったりもしますが、痛くてスムーズに動けなくなるのは共通しています。

重たいものを持ち上げたときに、腰に痛みがくるいった印象が強いですが、ぎっくり腰は重たいものを持たなければ起こらない。というものではなく、重たいものを持っていない状態でも、ぎっくり腰の症状が出ることもあります。

ぎっくり腰とは、筋肉が瞬間的に引き伸ばされたときに起こるもので、寝違いや肉離れもぎっくり腰と同じ現象だといえます。

何が原因でなるの?

ぎっくり腰の原因はさまざまで、『筋肉が瞬間的に伸びたときに起こる現象』だと言われていますが、筋肉をあまり使っていない人に起こりやすいとも言えます。

日ごろから運動不足の人や、同じ姿勢でいることの多い人は要注意です。肉離れや捻挫、ヘルニア、骨粗しょう症なども、ぎっくり腰と関係が深いです。

スポンサードリンク

なったときの対処法は?

ぎっくり腰になってしまったら、とにかく安静にしていることが大切になります。無理をして動いてしまうと、症状が悪化してしまう可能性があります。痛みがあるうちは、休むことを心がけて下さい。

そして、早めに病院の整形外科へ行き、専門の先生に見てもらうようにしましょう。痛いところを自分でマッサージをすると、かえって悪化する場合があので注意して下さい。

すぐに病院に行けない人は、痛いところを氷水などで冷やしたり、楽な姿勢で休むようにします。痛い場所にもよりますが、骨盤ベルトなどで固定すると、痛みが和らぐこともありますが、少しでも違和感がある場合には続けないで下さい。

スポンサードリンク

効果的な予防方法は?

ぎっくり腰にならないためにも、日ごろから筋肉を柔軟にして、血行を良くしておくことが大事になります。適度な運動を心がけ、筋肉を柔軟にしておきます。

長時間、同じ姿勢にならないように注意することも大切で、悪い姿勢をずっと繰り返していると、血液のめぐりも悪くなるので、ぎっくり腰の原因にもなります。あまり身体を冷やさないようにして、血液のめぐりを良くすることを意識してみて下さい。

運動も本格的にする必要はなく、軽くストレッチをするなど、筋肉を動かすことによって体も軽くなり、体調も優れてくるので、出来る範囲で続けるだけでも違ってきます。始めのうちは、買い物をするときに歩いて移動するだけでも、体力の維持につながります。

できるところから続けて、ぎっくり腰を予防に役立ててみて下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 身体の歪み・足の左右差から腰が痛い!解消する方法は?

  2. 妊娠中に腰が痛くなったらどこへ!産婦人科?整形外科?

  3. 急に腰が痛いのはマットレスが原因?効果的な寝方は?

  4. 右腰の痛みは女性特有の症状でしょうか?原因と解決法!

  5. 足を伸ばすと腰が痛いのはどうして?解消・予防する方法

  6. 右の腰が痛い原因|片側だけが腰痛になる3つの主な原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る