menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

背中・肩甲骨がつるように痛い原因と治し方【ぎっくり背中】

背中・肩甲骨がつるように痛いことがいます。かなりの痛みを伴います。肩甲骨がつると、長いときには何分も痛みが続き、筋肉が悲鳴を上げているようだという人もることから「ぎっくり背中」と言われています。

ぎっくり背中で、筋肉から悲鳴が上がる

肩こりだけではなく、肩がつる方がいます。肩こりがひどくなると起こる症状で、かなりの痛みを伴います。ふくらはぎがつったことのある方は多いと思いますが、あの痛みが肩に起こると大変なことは想像できるでしょう。

つる時には、筋肉に無理がかかります。つる範囲が広がって、肩甲骨にまで及ぶこともあります。肩甲骨とは、背中の羽のような骨のことです。ふとした動作で肩甲骨がつる、これは一部では「ぎっくり背中」とも言われています。ぎっくり腰のように急に背中に痛みが走ることから、そういったネーミングになったようです。

深呼吸をしたり、咳をしたり、物を取ろうと腕を伸ばしたときなどに起こるとされます。身体を動かすこともままならず、しばらく行動が制限されてしまうので、注意が必要です。

スポンサードリンク

結構あります。身体がつる原因あれこれ

この肩甲骨がつる原因は何なのでしょう?まず身体がつるのは、様々な原因があります。

筋肉の低下(運動不足)、発汗や、冷えによる血流の低下、電解質バランスの乱れ、カルシウム・マグネシウムなどのミネラル不足、神経の異常反射が主な原因です。

足がつるのは、筋肉が疲労したときです。では、肩甲骨に限って言えばどうなのでしょう?

潜む病気の可能性|左右の違いは、サインの違い

姿勢の悪さや、血流の低下ももちろんありますが、肩甲骨の痛みは、別の病気が潜んでいる場合があります。内臓や、心の病気のサインかもしれません。

左側の肩甲骨ばかりが痛む症状の場合

姿勢の悪さが原因の可能性があります。知らず知らずのうちに、左側に負担を掛けてはいないでしょうか?いつもカバンを左側に掛けるなどしている可能性があります。

また、心の病が原因の場合があります。主にストレスから症状を引き起こします。これは不思議なことに、左側の肩甲骨にだけ痛みが発生します。

右側の肩甲骨ばかりが痛む症状の場合

右側は何が原因なのでしょうか?こちらは重大な病気のサインかもしれません。もちろん、単なる身体の疲れが原因で、休息すれば治る場合もあります。

ただ、休息を取っても治らない場合は、何か別の病気が潜んでいるかもしれません。ご存知の通り、肩や、首にはたくさんの神経が通っています。脳に近いことから、神経系の症状が現れやすい場所でもあります。

数週間も肩甲骨の痛みが続く場合、ただ疲れているわけではなさそうだ。と思って下さい。また、内臓系の疾患の可能性もあります。根本的には、姿勢の悪さが原因で引き起こされるので、負担を軽くしてあげて下さい。

スポンサードリンク

治療は症状をよく見極めることから

どのような治療をするのか?まずは、ご自身の症状をよく見極めて下さい。単なる疲れ?それとも、いつもと違った運動をしたのか?ストレスはないか?他に気になる症状はないか?などを、最近の状況と共に照らし合わせて、考えてみて下さい。

治療はそれにより変わってきます。ただ整体や、マッサージに行くことも治療ですし、筋肉を休息するのも、もちろんそうです。食生活を見直すことも症状によって必要でしょう。

普段と変わったこともなく、それでも肩甲骨がつるような症状が続くようであれば、病院で診察を受けましょう。内臓や、神経系の疾患が潜んでいる可能性があります。大きな総合病院であれば、別の科も紹介してもらえるので、早めの受診をお勧めします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 肩甲骨付近の痛みを見逃さないで!何科の順で診てもらう?

  2. 肩甲骨の内側が痛い原因は?湿布よりも効果があるのは?

  3. 肩甲骨が痛い!首は倒せる?腕や手にもしびれがあるなら

  4. 背骨が痛い原因|肩甲骨の間の軽い痛み・重度の症状を解消するには

  5. 首・肩・肩甲骨のこり|ゴリゴリを解消したい!回すと音がする原因は…

  6. 腕を動かすと肩甲骨が痛い!筋肉を日頃、解してますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る