menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳喘息はストレスが原因と強く関係しています。咳止め薬でも効果がない?

咳喘息の原因はストレスにあり?

一見、風邪のような症状の咳喘息ですが、風邪だと思って油断していると、どんどん症状が悪化していくことも有ります。咳喘息が酷くなると、気管支喘息になってしまうと言う恐れもあります。

この咳喘息という厄介な症状の原因が、実はストレスに非常に強く関係していると言うことが分かっており、日々の生活においてストレスを溜めている場合や、ストレスを受けやすい環境にある場合、咳喘息の症状が長引いてしまうことも考えられます。

何故ストレスが咳喘息と、関係するのかといえば、ストレスは体の自律神経などにも多大な影響を与えますし、それにより免疫力の低下など様々な悪影響に繋がることになります。

免疫力が低下すると、風邪などを引きやすくなるだけでなく、アレルギーなどに対しても普段では、問題ないものでも過敏に反応してしまい、それが咳喘息を引き起こす原因にもなります。

要するにストレスを抱えている人ほど、咳喘息を発症しやすい状態になっていることが考えられます。

スポンサードリンク

ストレスが原因の場合の対処法

ストレスが原因となり、咳喘息を発症し呼吸が苦しい、咳が止まらないという場合には、根本的な解決策として、日々の生活の中から、いかにストレスを取り除くかが重要になってきます。

ストレスを受ける原因は、日常生活の中で色々な原因が考えられ、生活習慣の乱れや、食生活の乱れ、仕事によるストレスや、日々の生活の中でのストレスなど多岐にわたります。

しかし、どの場合でもストレスには変わりないので、それを一つずつ取り除いていくことが重要になります。

特に生活習慣が乱れている場合には、自分でも気が付かないうちにストレスを溜め続けている場合が多く、不規則な生活習慣や、体を休める休息が十分に取れていない場合などは、ストレスにより免疫力が大幅に低下していることが考えられます。

その為、規則正しい生活を行ない、休息をしっかりとることや、適度な運動を行ない体力づくりと、ストレス解消を行う、食生活を見直し、体に良い食事に切り替えるなどの対処を行うことで、ストレスによる咳喘息の発症を大幅に軽減することが出来るでしょう。

スポンサードリンク

咳止め薬は咳喘息に対して有効か?

咳喘息により、咳が出て呼吸が苦しいと言った場合、市販の咳止め薬を服用すると、その咳は治まるのでしょうか?これに関しては、市販の咳止め薬や、風邪薬は咳喘息のよる咳には、全く効果が無く、呼吸が楽になると言うことはありません。

何故なら、咳止め薬や、風邪薬はウィルスによる症状に対して、それを緩和する効果があるものですので、アレルギーなど、他の原因により、引き起こされる咳喘息には、その薬の効果は無いと言えます。

むしろ服用することで、症状が悪化するといったケースもありますので、自分の勝手な判断で、咳止め薬を服用し続けるのは、逆効果となることも有ります。

咳喘息の場合、風邪などの咳とは違い、痰が絡まない乾いた咳が、長期間、続くことになります。そういった咳が、継続的に続くのであれば、医療機関を受診して、検査を行う必要があります。

そうすることで、自分の咳がウィルス性のものなのか、それとも咳喘息によるものなのかが、ハッキリわかるため、適切な治療が可能になるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 咳喘息の原因は気管支喘息と違います。何週間も咳に苦しんではいませ…

  2. 咳喘息はうつるような生活習慣、環境を作らない予防と対策で改善!

  3. 咳喘息の治し方を症状別に軽度から重度まで対策を紹介します。

  4. 咳喘息は何科を受診した方が良いですか?完治に必要な期間は?

  5. 咳喘息で痰が絡むことは少ないです。痰との関係、原因、治療法は?

  6. 咳喘息に市販薬は意味がなく気管支拡張薬など症状を見極める必要あり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る