menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳が止まらない、夜に横になるとひどくなる原因と予防、避けることは?

昼間は少し落ち着いていた咳が、夜になるとひどくなることは、ありませんか?寝ていても咳が止まらないため、呼吸がつらくて、起きてしまうことはありませんか?そんな咳の原因と、簡単にできる対策を紹介します。

夜、横になるとひどくなるのはなぜ?

咳が夜ひどくなるのは、副交感神経が活発になるからです。この副交感神経とは、体をリラックスさせる役割を担うものです。なので、夜に横になるとき、特に就寝時には活発になります。

しかし、副交感神経の働きで体がリラックスする、つまり筋肉が緩むことで、気道も狭くなってしまいます。そして、呼吸のときに空気が通る刺激が、粘膜に伝わりやすくなるので、咳が出やすくなってしまうのです。

スポンサードリンク

夜ひどくなる咳を予防するために昼間できることは?

咳が止まらないのは、喉の粘膜が荒れて刺激に敏感になっているからです。なので、咳を早く沈めたいときには、この荒れた粘膜をケアすることが大切です。

そのためにできることは、まず喉を感想から守ることです。マスクや、加湿器、のど飴、場合によっては、病院で処方された薬などを使って出来るだけ、喉に刺激を与えず、炎症を抑えるよう心掛けてください。

咳が止まらない夜にできること

夜に咳が止まらないときには、横になるときや、特に寝ているときに咳が出ると、呼吸がつらくなり、眠れなくなってしまいます。そんなときは、ぜひマスクをして寝てみて下さい。

マスクをすることで、乾燥したした空気が、直接喉を刺激することを防ぐことが出来ます。そして、濡れマスクを使うことで、しっかりと湿度が保たれて、より咳を抑えることができます。

マスクをしたまま寝るのは、初め少し違和感があるかもしれませんが、慣れるとそんなに気にならなくなります。何より、咳が止まらずに目を覚ますことが、なくなるのが嬉しいです。

そして、横になるとき、寝るときは仰向けではなく、横を向いて、寝るようにして下さい。横向きで寝ると、仰向けのときより、気道が塞がりにくいので、咳を少し出にくくすることが出来ます。

スポンサードリンク

咳が止まらない時にしてはいけないこと

咳が止まらないときに控えてほしいものが、飲酒喫煙です。喫煙は、喉への刺激も強いので、咳が出ている間は、出来るだけ控えて下さい。

次に飲酒です。副交感神経のところでもお話ししましたが、体の筋肉がリラックスして、緩むことで、気道が狭くなり、喉の粘膜が呼吸の際、刺激に敏感になります。

それと同じように、お酒を飲んだ場合も体の筋肉が弛緩するので、気道が狭くなってしまうのです。さらにお酒を飲んだ時に働くアセトアルデヒドは、気道を収縮させて、咳を引き起こしやすくします。

まだ、お酒を飲んだ後に喉が渇くようにアルコールでは、水分補給が出来ません。また、喉も乾燥してしまいます。なので、咳に悩んでいる間は、お酒はいったんお休みして下さい。

そして、横になるときや、寝る前には温かくて、喉に良い飲み物、ホットレモンや、ジンジャーティー、白湯などを飲んで、体を温め、十分に水分を摂るようにして下さい。その時に、部屋の湿度にも気を配っておくと、夜にひどく、咳が止まらないのを抑えることが出来ます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 咳が止まらない時の対処法(自宅と外出先)と症状から原因を探る

  2. 咳が止まらない・痰が絡む原因となっている病気は色で特定できます

  3. 咳が止まらない・熱はない時の原因は何が考えられますか?

  4. 咳が止まらない原因は期間と状態をチェック、原因別の対処法は?

  5. 咳が止まらないのはタバコが原因?呼吸器系の病気を併発している?

  6. 咳が止まらない=風邪の症状でなく長引く期間で判断することが出来ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る