menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

大転子を引っ込めた人だけ!痩せにくい太ももをスリムにする!

体重は減っても、太ももは細くなりにくい!

ダイエットに成功して、理想の体重になっても太ももは、なかなか細くならないと、悩む女性は多いのではないでしょうか?

太ももを太くしている原因は、脂肪や、筋肉だけでなく、骨格のゆがみ等も関係しています。自分の太ももが、太くなってしまう原因を洗い出し、適切な脚やせ方法で、確実にサイズダウンを目指したいですね。

スポンサードリンク

太いままの太もも!大きなお尻の原因は?

大転子(だいてんし)とは太ももの付け根の部分の骨で、股関節の横辺りの少し出っ張っている骨のことです。普通は、内側に収まっている大転子ですが、脚を組む、内股、外股、片方に体重をかけて立つ等のクセがあると、股関節のはまり方が浅くなり、外側に出っ張ってしまいます。

本来の位置より、外側に大転子が出てしまうと、太ももの付け根が出っ張ることになり、太ももが太く見え、お尻が大きく見えることになります。全体的に痩せているのにお尻と、太ももが気になるという方は、大転子の出っ張りは要注意です。 

どうして下腹部から、太ももにかけて脂肪がつきやすいの?

身体の正面から確認するよりも、後ろから見た時の方が分かりやすいです。お尻が横に張り出していて、四角い人は大転子の出っ張りがある可能性が高いです。

元々女性は、子宮を冷やさないようにするため、下腹部から太ももにかけての部分は、脂肪がつきやすくなっています。太ももが太くなる原因は、スポーツなど筋肉太りや、冷え性などで血流が悪くなり、リンパ液や、老廃物がセルライトとして、蓄積されるなど様々です。

また、正しい姿勢が取れていない事が原因で、大転子が外側に出っ張ってしまったり、骨格の歪みが生じると、太ももの前や、外側の筋肉が付きやすくなり、どんどん太ももが太くなってしまいます。複数当てはまっている方は、相乗効果でさらに太ももが,太くなる悪循環に陥っているかも知れません。

スポンサードリンク

エクササイズで大転子の出っ張りを引っ込める

大転子の出っ張りが原因で、太ももが太くなってしまったということは、元の位置に引っ込め、矯正することで、サイズダウンが期待出来ます。

大転子を引っ込め、正しい位置に戻すエクササイズをすることで、太ももの外側の出っ張りも減り、足の血行や、リンパの流れも改善されます。さらにむくみや、セルライト対策にも効果的です。整体で大転子や、骨盤、股関節を矯正してもらうのが一番なのですが、補正下着や、骨盤矯正ベルトも効果的と言えます。

自宅で出来る簡単なエクササイズの一つに、物理的に大転子を引っ込める方法があります。

両足のスタンスを肩幅よりも広めに立ち、両手を右の大転子の位置(太ももの付け根の外側の骨)にあてます。左足のつま先を外向きにしながら、両手で右の大転子部分を真横の左方向に押し込むようにします。この時、お尻が後ろに出ないように意識してください。反対側も同様に数セット行います。

気長に続けることで、大転子の出っ張りを引っ込め、少しづつ正しい位置に戻していきます。普段から、姿勢に気を付けないと、また外側に出っ張った状態に戻ってしまうので注意しましょう。

また、高いヒールのクツは、バランスを取ろうと、太ももの前もしくは、後ろに力が偏ってしまい、筋肉も不均一に付きやすくなります。仕事でどうしてもという方は、出来る限り、履きっぱなしにならないよう、気を付けて下さい。

骨格を矯正し、筋肉をバランスよく正しい位置に付けることが、脚やせ・美脚の近道です。大転子を引っ込めて、小さなお尻と、真っ直ぐな美脚を手に入れて下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 足の付け根の外側が痛い原因|ランニングで大転子部滑液包炎になった…

  2. 大転子部の場所と出っ張る歪みで脂肪が付き方が変わる?

  3. 太股・お尻が痩せない|下半身太りは骨盤・大転子部が原因?

  4. 大転子部の矯正方法と左右の位置が違う時の引っ込め方は?

  5. 下半身太り解消、大転子を引っ込めるお尻歩きがデブ脱出の近道?

  6. 骨盤ショーツで下半身を細くする!大転子にも効果あり?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る