menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

胸・背中の痛み|胸椎椎間関節症の原因と治療法、症状は?

胸・背中の痛みがある。胸を押すと痛い、胸にチクチクした痛みはありませんか?痛みが胸に出る場合もあれば、背中の真ん中や、肩甲骨の周辺に出る場合もあります。症状の出方も息を大きく・深く吸った場合、胸や背中を押した場合に胸や背中の真ん中付近にチクチクした痛みを感じる方が多いです。

意外と多い胸椎椎間関節症とは

胸椎椎間関節症をご存じですか?胸椎椎間関節症という病名は、一般的に耳にすることは少ないですが、肩甲骨のあたりが特別に凝っている、肩甲骨あたりの痛み、肋間神経痛といった胸椎椎間関節症からくる症状に悩む人は意外と多い病気です。

胸椎椎間関節症とは、12個ある胸椎の骨と骨の間にあり、クッション的な役割をしている椎間板になんらかの異常や障害が生じる病気です。

胸椎とは、背骨のうち、首の骨の付け根から腰骨の間にある12個の骨のことです。いわゆる背中にあたる部分の背骨を胸椎と呼びます。椎間板の歪みによって神経や血管に接触してしまうと、神経痛や血流障害などさまざまな障害をきたしてしまうのです。

スポンサードリンク

胸椎椎間関節症の症状

胸椎椎間関節症の症状で最も多いのは、背骨、特に肩甲骨周辺の凝りや、チクチクした痛みです。さらには肩甲骨あたりの違和感なども常時、感じることもあります。

よく耳にする「咳や、くしゃみをすると胸や、肩甲骨が痛む」というような症状も胸椎椎間関節症が原因で、肋間神経痛の症状を引き起こしている可能性があります。

胸椎椎間関節症の症状の好発部位は肩甲骨周辺ですが、胸骨自体は、背中全体にわたるので、中にはわきの下や、胸部・腹部といった部位に痛みや、違和感が症状として表れることもあります。

胸椎椎間関節症の原因

胸椎椎間関節症は、生活習慣に原因があることが多いです。運動不足や、猫背など姿勢が悪い状態が日常的になっていること、筋トレや、肥満体重などによって胸椎に負荷がかかりすぎるといったことが原因となっています。

胸椎に疲労が蓄積している状態で、身体をひねるなど突然、大きく姿勢を変える動作をしたり、咳や、くしゃみをしたりしたときに発症するということが多いです。

姿勢は、背中のみでなく、首や、腰に負担がかかる姿勢を続けていても胸椎に負担となるので、普段から姿勢の悪い人は注意が必要です。

スポンサードリンク

胸椎椎間関節症の治療法

胸椎椎間関節症の疑いがある症状を感じたら、まずは病院を受診し、診断してもらいます。同様の症状があらわれる内科的疾患もあるので、専門医に診断してもらいましょう。そして、原因となっている要素を取り除きます。

簡単にできる治し方として、姿勢が悪い人は姿勢の矯正、運動不足であれば適度な運動や、ストレッチを取り入れる、肥満ならダイエット、運動のしすぎなら適度に身体を休ませるといったことが挙げられます。

痛みや、症状が出始めた直後で、痛みが強い、痛みのある部分が熱を持っているといった場合は、安静にして胸椎の炎症を抑えます。自分で出来る治し方は、一言でいうなら生活習慣の改善です。

悪い姿勢で首・背中・腰の骨に負担をかけていないか?運動不足で筋肉不足や、関節の硬化が起こっていないか?生活を見直しましょう。

それでも改善がみられない、自分では対処できないほど症状が辛いといったときには、自分で出来る治し方だけには頼らず、医師による治療を受けることになります。

ヘルニアなどの治療同様、病院では神経ブロックなどの施術によって痛みを緩和します。胸椎椎間板関節症のブロック療法は一般的ではないので、信頼のおける先生がいる病院に行くことをオススメします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 肩甲骨の奥の痛み!あなたも?この原因が当てはまるかも

  2. 腕を動かすと肩甲骨が痛い!筋肉を日頃、解してますか?

  3. 肩甲骨のこりが痛い!左右で痛みの原因が違う?解消法は

  4. 背骨が痛い原因|肩甲骨の間の軽い痛み・重度の症状を解消するには

  5. 背中の痛み・肩甲骨の痛みの原因は?肋間神経痛の症状?

  6. 背中・肩甲骨がつるように痛い原因と治し方【ぎっくり背中】

コメント

  1. 普段から生活習慣や姿勢を気にしているつもりでも、自分に甘いのでついつい・・・
    よくあることですよね。
    でも胸椎椎間関節症・・・やはり怖いです。

    気をつけなきゃっ!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る