menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳喘息の治療方法、症状別の完治するまでの期間や注意すること

咳喘息とは?

咳喘息という病気をご存じでしょうか?咳喘息とは、熱や、頭痛などの風邪の症状が無いにも関わらず、数週間咳が止まらなくなる症状の病気です。

慢性的な気管支炎と言って良いでしょう。タバコや、埃などの刺激に過敏に反応してしまい、気管支が過剰に反応してしまうのです。ただ咳が出るだけ、ただの気管支炎かと思われるかもしれません。

しかし、咳が絶えず出てしまうので、日常生活にも影響が出てきます。咳喘息の治療方法や、注意すべき点についてご紹介します。

スポンサードリンク

咳喘息の治療方法は、どのような方法がありますか?

咳喘息の治療方法は、まずアレルギーがあるかどうかの検査をします。咳喘息は、ハウスダスト・ダニ・カビなどを吸ってアレルギー反応を起こしていることがあるからです。痰の状態を調べ、血液検査を行います。

続いて本格的な治療に入ります。咳喘息は風邪ではないので、風邪薬や、抗生物質は効果がありません。狭くなってしまった気管支を広げるための薬(気管支拡張薬)を使用します。そして効果があるかどうかを確認します。

これで咳や、呼吸の息苦しさが改善されたら、その症状は咳喘息で間違いないでしょう。咳喘息とわかった後は、吸入ステロイド薬を使って治療します。それと合わせて、抗アレルギー薬を使うこともあります。

タバコによって、咳喘息が引き起こされているのであれば、禁煙治療も同時に行います。タバコに含まれるニコチンによる中毒症状を抑える貼り薬を使用するなどします。禁煙治療は、特に時間がかかります。

しかし、焦らずに地道に治療を続けていく必要があります。咳喘息を機会に禁煙をするのも良いでしょう。

注意点はありますか?授乳中や、妊婦の場合の治療法は?

注意すべきところは、咳喘息の原因になっている物質を吸い込まないようにすることです。タバコの煙が多いところへ行かない、埃っぽい部屋は、掃除を徹底する、カビが生えているところは、カビ取りをして綺麗にする、など、環境を整えることは大切です。

症状が軽くなったからといって、途中で治療を止めると、また症状が出てしまうことがあります。治ったとしても、念のため数ヶ月はしっかりと、治療を続けるようにしましょう。

授乳中や、妊婦が治療を受けるときは、そのことをしっかりと医師に伝えましょう。担当の産婦人科医と相談することも大切です。

スポンサードリンク

完治するまでの期間は、どのくらいでしょうか?

咳喘息は、完治するまでに時間がかかります。軽度であれば、2ヶ月以内に治ることもありますが、重症の場合は呼吸困難になったり、呼吸が辛くなるほどの咳が半年以上、続くこともあります。咳喘息は、早期治療が大切です。

辛くなったら、無理をせずに休養を取るようにしましょう。タバコ・カビ・ハウスダスト・ダニ以外にも、ストレスなどが原因で、発症することがあります。具合が悪いときには、しっかりと体を休め、治療に専念出来る環境を整えましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 咳喘息の漢方の選び方のコツや症状に有効なモノ、知っておきたい注意…

  2. 咳喘息はストレスが原因と強く関係しています。咳止め薬でも効果がな…

  3. 咳喘息はうつるような生活習慣、環境を作らない予防と対策で改善!

  4. 咳喘息で痰が絡むことは少ないです。痰との関係、原因、治療法は?

  5. 咳喘息の原因は気管支喘息と違います。何週間も咳に苦しんではいませ…

  6. 咳喘息の治し方を症状別に軽度から重度まで対策を紹介します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る