menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

偏頭痛を治すツボ|血管を拡張させると悪化するので注意

頭痛を治すツボはどこにある?

多くの人が頭痛を経験しています。頭痛のタイプは様々で、チクチクしたものから、ズキズキと我慢できない程の痛みまであり、原因もまた様々です。脳の血管が拡張して起こる痛みを一般に偏頭痛といいます。頭の周りや、肩、首などの筋肉が緊張して痛むものを緊張型頭痛といいます。

あまりひどい頭痛ですと、恐ろしい病気が隠れていることもあり得ます。違和感がある場合には、すぐに医師に診察してもらうことが大切ですが、軽い頭痛はツボを刺激することによって痛みを和らげることができます。

今回は特に多いといわれている偏頭痛を治すツボを紹介します。耳の後ろにある骨のふくらみの下の部分から、指1本分ほど上に上がったところにある、「完骨」というツボが偏頭痛に効果があるといわれています。

その他にも、目の下のくぼみの少し外側にある部分、「瞳子りょう」というツボなのですが、こちらも効果があります。そして、手の甲側の手首の関節から、指2本分ほど手前の位置にある「外関」というツボも頭痛に効果があるといわれています。

スポンサードリンク

正しいツボの押し方、刺激の仕方は?

ではこれらのツボはどのように押せば良いのでしょうか?場所によって強く押していい部分、悪い部分があります。最初に紹介しました「完骨」と、最後に紹介した「外関」は割としっかりと、強めに押すと、より効果が上がるとされています。

刺激を与えれば与えるほど、効果が出るツボとなりますので、強く押してみてください。ただし「完骨」のツボはただ強く押すだけではなく、ギューッと重圧をかけるようにゆっくり、長く押すとより効果があるでしょう。

「瞳子りょう」は目の下にあるデリケートな場所でありますので、そっと優しく押すようにします。

頭痛のときにやってはいけないことはどんなこと?

頭痛のときにやってはいけないこと、それは温めることです。ただでさえ頭痛は、血管が拡張してしまっている状態になっています。お風呂などで温まってしまうと、さらに血管が広がってしまい、余計に頭痛を悪化させる原因となってしまいます。

できるだけ身体を温めないようにし、血管の拡張をこれ以上ひどくさせないようにすることが大切です。

スポンサードリンク

頭痛を治すにはどうしたらいいの?

頭痛を治す・和らげるには、どうすればよいのでしょうか?簡単にできる方法として、肩を下げることです。特に偏頭痛の人は肩が上がってしまっている場合が多く、それが頭痛の原因につながってしまうこともあります。

ですので、意識をして肩を下げるようにしてみましょう。頭痛と、肩こりは大きなつながりがあります。肩がこっていることで頭痛になる場合もとても多いので、肩こりに効くストレッチを行うことも頭痛を治す方法といえるでしょう。

両手を組んで右斜め上、左斜め下に動かすストレッチは、肩こりにも効果的です。そして水分をこまめに摂ることも大切です。身体の水分が足りていないと、血管がドロドロになり、血流が悪くなり、脳にうまく行き渡らなくなります。

その結果、頭痛を引き起こしてしまいます。こまめに水分を摂ることで血液がドロドロになるのを防ぎましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 頭痛と吐き気の原因はストレス?解消したい激しい痛み!

  2. 頭痛の原因が体質にある?肩こりと眼精疲労はありませんか?

  3. 頭痛が原因で吐きます!肩こりや自律神経からくる症状?

  4. 頭痛い!原因はストレス?他の原因と対処法は何があるの?

  5. 頭痛で眠れない夜に吐き気まで!カフェインに効果はあるの?

  6. 頭痛と吐き気!病院は何科で受診?内科で診るのはダメ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る