menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

頭痛の原因|寝起きに頭が痛い!朝からスッキリ過ごすには?

寝起きを襲う不快な頭痛。早くスッキリしたい!

朝、目が醒めたときや、昼寝から醒めたとき、ほぼ毎回のようにズキズキとした頭痛を感じる方も多いことでしょう。原因は様々ありますが、頭痛で仕事へ行けなかったり、仕事をしていても辛い、ということもありますので、早めに解消したいですね。

頭痛持ちの方は、睡眠中に頭痛で目が覚めることもあり、不眠にもつながってしまいます。睡眠の質を上げるためにも頭痛対策はあとまわしにせずきちんと対処しましょう。

スポンサードリンク

仕事のストレスが頭痛につながることも…。考えられる原因は?

頭痛の起きやすい人は、だいたい遺伝や、体質が影響していることが多いです。それに子供の頃はたまにしか頭痛を感じなかったはずです。大人になるにつれ、女性なら生理が始まったり、進学、就職で人間関係が複雑になるにつれ、ストレス性の頭痛が起きやすくなってきます。

なかでも、仕事のストレスを感じるようになると、毎朝、毎日頭痛を感じていることもあります。頭痛持ちの方は、神経質や、真面目な性格なことが多く、仕事や人間関係に間違いがないように気を配りすぎることがあります。

そうなってしまうと神経が高ぶり筋肉も緊張し、頭痛が起きやすくなってしまいます。寝起きの頭痛を味わうようになると、仕事に行きたくなくなってしまうこともあります。ストレスが原因なら、その原因を取り除くようにしましょう。

性格は変えられなくても、考え方は変えられる

真面目な人は、よく『少しはいい加減になったら』と言われます。ただ、生まれ持った性格は変えられないですよね。ときに、自分の几帳面で真面目な性質を持て余すこともあるでしょう。ストレス性の頭痛が出た時などは、なおさらです。

いい加減に仕事をして、世の中を渡っている人が羨ましくなることもあると思います。いまは価値観が多様化しているため、どんな人でも受け入れられる社会ですから、神経質、真面目、几帳面と、仕事上は好ましい性格の人が、ストレスを抱え込むこともあります。

自分は変えられない、そして周囲も変えられないなら、考え方を変えてみましょう。たとえば、仕事でいい加減な人に対して苦々しく思っているなら、『ああいう人もいるおかげで、自分のちゃんとした仕事ぶりが際立つんだな』と自画自賛してみるのも、ひとつの方法です。

物事を別の側面から見て考え方を変えることを『認知療法』といい、治療法の一つです。ネットで調べたりして気持ちをラクに持っていくようにしましょう。ストレスがひどいときは、カウンセラーなど専門家に相談するのもおすすめです。

スポンサードリンク

睡眠中の頭痛の根本原因は目の使いすぎ。ひどいときは頭痛薬を飲んで寝ましょう

それでも、睡眠中に頭痛で目が覚めることはあります。一番の原因は、やはり目の使いすぎ。今の時代は、パソコン無しには仕事にならず、遅くまでネットで検索することも多いです。目の奥に疲労物質が溜まって血行が悪くなり、そこから頭痛が発症し目が醒めてしまいます。

睡眠が足りないと仕事の能率も上がらず、身体にも負担がかかりますので、ひどい時期は頭痛薬を前もって飲んでから、寝るのもぐっすり眠るコツです。よく眠れて、胃もたれしない、自分に合った頭痛薬を選びましょう。

頭痛が起きる前から飲んで寝ると、頭痛で目が覚めるのは防げて、十分な睡眠時間が確保できます。この間に、寝る前の何時間かはなるべく目を使わない生活に変えるのが理想です。

ただ、頭痛薬も癖になりますので、これで頭痛が解消しないようなら病院へ行って診察を受けることも検討が必要です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 頭痛で眠れない夜に吐き気まで!カフェインに効果はあるの?

  2. 頭痛い!原因はストレス?他の原因と対処法は何があるの?

  3. 頭痛と吐き気の原因は?横になる以外の治し方はないの?

  4. 頭痛と吐き気の原因はストレス?解消したい激しい痛み!

  5. 頭痛と吐き気!病院は何科で受診?内科で診るのはダメ?

  6. 偏頭痛を治すツボ|血管を拡張させると悪化するので注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る