menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

【足の臭いを消す方法】簡単に匂いを防いで長続きさせるには?

足の臭いの原因は何?

足の臭いは、靴を脱いだ際には、非常に気になるものです。臭いが酷くなってくると、靴を履いていても悪臭が漂ってくるため、自分だけでなく、周りにも不快な思いをさせてしまう原因となります。

この耐え難い足の臭いの原因となっているのが、『イソ吉草酸』と呼ばれる成分で、イソ吉草酸が増えれば増えるほど、足の臭いがどんどん酷く、きつくなっていくことになります。

イソ吉草酸は、足の雑菌により分泌されるものですので、雑菌が増殖することにより、イソ吉草酸の分泌量もどんどん増加することになります。

雑菌は、足の皮脂などを栄養分として、増殖を繰り返しますし、足の汗による湿気というものも雑菌の繁殖に最適な環境を作り出してしまいます。

その為、靴の中が汗で湿気っている場合や、靴下が汗で湿ったままの状態で放置してしまうと、雑菌の繁殖を促す結果となり、においの原因であるイソ吉草酸を増やすことになります。

靴下が臭いの原因になっている?

靴下というものは、自分では気づかないほど、湿気を帯びやすいものであるとともに、臭いの元を作り出す原因となっていることが多いと言えます。

本来、靴下は足の汗を吸い取る役割をするものですので、靴下を履くことにより、靴を履いた場合に汗で滑るとか、汗により靴の中がびちゃびちゃになるのを防いでくれるものと言えます。

しかし、汗を吸収した靴下は、非常に蒸れやすくなるため、雑菌の繁殖には最適な環境となってしまいます。

靴下は朝履いたら、夜まで脱がないことも多いアイテムですので、その間に雑菌を繁殖させる原因になります。

靴が臭いの原因になっている?

靴は歩くためには必要不可欠です。外出している間や、仕事の間はまず脱ぐことが無いアイテムだと言えます。

しかも靴の場合、密閉された状態ですので、その内部は足から出た汗や、体温により、非常に湿気を帯やすい状態になっています。

その為、温度や、湿度が雑菌の繁殖に最高の環境になりやすく、足の臭いの原因であるイソ吉草酸も増えやすい場所となります。

スポンサードリンク

足の臭いを消す方法は?

①重曹を使った臭いを消す簡単な方法

足の臭いが気になる場合、臭いを消す方法で悩んでいる人も少なくないでしょう。その場合、重曹を使用することで、効果的に足の臭いを消すことが可能になります。

重曹と言えば料理や、掃除の際に使用するものですが、実はこの重曹には優れた消臭効果もあります。重曹を使用することで足の臭いを大幅に軽減することが可能になります。

足の臭いの原因となる、イソ吉草酸は酸性の成分ですが、重曹は酸性ではなく逆のアルカリ性のという性質を持っています。

その為、酸性であるイソ吉草酸と混ざることで、アルカリ性の重曹が酸を中和し、臭いを軽減することが可能になるわけです。

それと重曹には、水分を吸着する性質もありますので、足の汗を吸着して湿気を抑える効果も期待できます。

しかし重曹が効果があるのは酸性をアルカリ性で中和することですので、雑菌の繁殖を抑える効果はありません。

②重曹にクエン酸を加えると簡単に殺菌作用がUPする?

重曹だけでは雑菌の繁殖を抑えられないため、その場合にはクエン酸を併用するとさらに効果的に足の臭いを抑えることが出来ます。

クエン酸には強い殺菌作用があるため、足の臭いの原因となるイソ吉草酸を分泌する雑菌を殺菌して減少させる効果があります。

その為、クエン酸により雑菌の繁殖を抑え、重曹によりイソ吉草酸を中和することで、更に高い消臭効果、殺菌効果を得ることが可能になります。

③お酢を使った臭いを消す簡単な方法

お酢を使用することでも足の臭いを抑えることが可能になります。

これはお酢に含まれる酢酸に強い殺菌作用があるためで、クエン酸と同様に足の雑菌を殺菌して減少させる効果が期待できます。

お酢を使用する場合には、水でお酢を薄めて、直接足に付けるだけで雑菌を死滅させることが可能となります。

ただし、お酢のため独特のお酢の臭いが有りますので、その点が気になることもあるでしょう。しかし足の臭いを消す方法としては、効果が高い方法と言えます。

④ミョウバンを使った臭いを消す簡単な方法

足の臭いを消す方法として効果があるものには、ミョウバンを使用した方法もあります。ミョウバンは料理などにも使用するので、簡単に入手することが出来ます。

ミョウバンを水に溶き、ミョウバン水を使用することで足の臭いを抑えるだけでなく、雑菌を殺菌する効果、さらには足の汗の分泌を抑制する効果もあります。

その為、ミョウバンを使用することで、一度に3つの効果を得ることが出来ます。

靴下の臭いを消す簡単な方法は?

靴下からひどい臭いがする場合に臭いを消すには、最も簡単な方法としては、定期的に靴下を履き替えると言う方法が効果的です。

靴下はある程度の時間、履き続けると、どうしても汗を吸い、湿気を帯びますので、それを防止するには、1日に数回程度、靴下を履き替えるのが効果的となります。

もし履き替える靴下が無い場合は、一時的な対処法となりますが、靴下に直接消臭スプレーを使用することで臭いを抑えることが出来ます。

それ以外にも履き終えた靴下をミョウバン水や、重曹水、クエン酸水などに漬け置きすることで、靴下に雑菌を残さないようにすることも出来ます。

靴の臭いを消す簡単な方法は?

臭いの原因が靴にある場合、靴の臭いを消すには、靴の中の湿気を取り除くことが重要となります。

そのため、毎日同じ靴を履かずに数足の靴をローテーションで回すことで、靴の臭いを抑えることが可能になります。

靴を休ませ、乾燥させることで、臭いを消すことが出来ますので、それが最も効果的な方法となります。

すぐに臭いを消したい場合には、靴の中に重曹水などを振り掛けることで、一時的な臭い除去効果が得られます。

足の臭いを予防するための対策は?

足の臭い対策は?

足の臭いを消す方法には、常日頃から足を清潔に保つことが最も重要となります。

雑菌のエサとなる角質や、皮脂などが足に残っている場合、それが原因で臭いを作り出すことになります。

汗自体に臭いはありませんので、足の角質や、皮脂を如何に取り除き、雑菌のエサを少なくすることが出来るかが、臭いを抑えるためには重要なポイントとなります。

それと重曹や、クエン酸、ミョウバンなどを継続的に使用して、足の雑菌を減らしておくことも必要となります。

靴下の臭い対策は?

靴下の臭い対策を行う場合は、靴下を履く前に靴下自体に重曹水や、ミョウバン水を振り掛けておき、あらかじめ雑菌の繁殖が出来難い状態を作っておくことが重要となります。

事前の対策を行っておくことで、雑菌の繁殖を抑えることが出来ますので、一手間かけて対策をすることが必要不可欠です。

それと出来るだけ、通気性のよい靴下を使用することで、湿気を抑え、雑菌の繁殖を抑える効果が高くなります。

靴の臭い対策は?

靴の臭い対策を行う場合には、靴の中を清潔に保てるかどうかが重要になります。靴は非常にハードに使用するものですので、なかなか脱ぐことが出来ません。

履き続けることは、湿気を溜めこみやすくなりますので、1日の中で数回程度、靴を脱いで内部の湿気を飛ばすことも必要となります。

それと靴の内部に臭いを消す効果のある中敷きを入れることや、靴に残っている臭いを取り除き、雑菌を死滅させることが出来る消臭殺菌スプレーを使用することも効果的となります。

費用をかけたくない場合は、重曹とクエン酸を混ぜた水や、ミョウバン水を使用することでも消臭殺菌スプレーと同等の効果を得ることが出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

辛い足の臭いを防ぐためには、日頃からのケアがとても重要となります。

靴下や、靴の臭い対策を行うことも必要ですが、根本的な原因は、足そのものにありますので、特に足の臭い対策は念入りに行う事が必要でしょう。

対策さえ正しく行えていれば、臭いを大幅に軽減することが可能になりますので、足を清潔に保ち続ける努力を怠らないようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る