menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳喘息は何科を受診した方が良いですか?完治に必要な期間は?

咳喘息は何科を受診した方が良いですか?

咳喘息の症状は、咳が止まらなくなり、非常に辛い状態が続くため、出来るだけ早く症状を緩和させ、完治させる必要があります。

しかも咳喘息の場合、特に夜になると、その症状が酷くなるケースが多く、安心して眠ることも出来ないといった問題も生じてしまい、体調を更に悪化させてしまう恐れがあります。

その為、受診する科を何科にすれば良いかは、非常に重要になるのですが、なかなか咳喘息の場合は、原因が特定できないことが多いです。通常の喘息とも、症状が異なるため、病院では何科にするのか、選び方が困難な病気です。

その場合、まずは咳が出るという症状を考えて、呼吸器科を受診すると良いでしょう。

スポンサードリンク

症状によって病院を変えるべきか?

咳喘息の受診を何科にするか、悩んで受診する科を決めた場合、その科に通い続けることが果たしてベストな選択なのでしょうか。

これに関しては、難しい問題ですが、受診している科で、全く症状が改善しない場合には、治療自体が根本的に合っていないということも考えられますので、その場合には、病院を変えるということも必要になるでしょう。

基本的に咳喘息の場合も、風邪などの咳と同様に、咳が最も分かりやすい症状ですので、呼吸器科を受診して検査をしてもらい、それでも改善しないのであれば、専門医に診察をしてもらう、ということも選択肢に入れる必要があります。

もし専門の病院にいく必要があれば、今、受診している病院からの紹介状を書いてもらうと良いでしょう。そうすることで、どのような症状があったのか、呼吸に関しては問題が無いか、といった詳細な情報を移る病院の専門医に詳しく、説明することが出来ます。

そのため、病院を変わる際には、必ず紹介状が必要となります。自分の勝手で、何科にするかを決めてしまい、違う病院に移ってしまうと、また一から検査をし直す必要もあるため、時間と費用の無駄につながるので注意しましょう。

咳喘息が完治するまでの期間

咳喘息を発症した場合、迅速に対処すれば、それだけ早く症状を改善し、完治させることが出来ます。基本的に完治までの期間に関しては、数日程度で治るというものではなく、少なくとも月単位で、症状を緩和し、治していくということが必要となります。

咳喘息は、非常に長引く症状ですし、体力が落ちていたり、免疫力が落ちていたりすると、さらに完治までの期間が延びることになります。

もし放置しておけば、咳喘息から気管支喘息に移行してしまうことも少なくないため、そうなってしまうと、完治はおろか、一生その病気と付き合っていく必要も出てきます。

完治の為には、生活リズムを正しいものにしていき、免疫力などを高めることや、ストレスなどを溜め込まないことも必要となります。それも同時に行いながら、症状が悪化しないように努めないと、完治までの期間は、延びる一方になりますので注意しましょう。

焦っても咳喘息は、良くなりませんので焦りも禁物です。

スポンサードリンク

病院にいく前の確認や注意点

咳喘息が発症した場合、ほとんどの人が、風邪の症状だと勘違いして、そのまま放置していることも多いと言われています。

その為、もし咳が長引く場合には、病院に行く前にどれくらいの期間、症状が続いているのか、服用していた薬はあるのか、などを正しく把握してから、病院へ行く必要があります。

もし、市販薬などを服用していた場合、それが咳を悪化させていることもありますので、それもきちんと病院で、言えるようにしてから、診察を受けると良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 咳喘息の治し方を症状別に軽度から重度まで対策を紹介します。

  2. 咳喘息の漢方の選び方のコツや症状に有効なモノ、知っておきたい注意…

  3. 咳喘息で痰が絡むことは少ないです。痰との関係、原因、治療法は?

  4. 咳喘息の原因は気管支喘息と違います。何週間も咳に苦しんではいませ…

  5. 咳喘息はうつるような生活習慣、環境を作らない予防と対策で改善!

  6. 咳喘息の治療方法、症状別の完治するまでの期間や注意すること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る