menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

口臭があり頭痛や吐き気の関係は?脱水症状や歯肉炎など病気の可能性

にんにくの入ったお料理を食べた後や寝起きなどにはちょっと口臭が気になりますが、慢性的に口の匂いが気になったり、それに加えて頭痛や吐き気があるという症状は女性の方に意外と多くあります。

何の関連性もないように思えるこれらの症状ですが、このような体調の時にはどのように対処すればいいのでしょうか?

まず疑うべきは脱水症状

これらの口臭、頭痛、吐き気が同時に起こっている時にまず疑うべきなのは脱水症状を起こしていないかということです。

例えば夏場にあまり水分をとらずに運動をしたり日の当たる場所で長い時間過ごしたり、冬場でもホットカーペットの上でお昼寝していたらなった、ということもあります。

脱水症状というとかなり重い症状に思えますが、意外と誰でもすぐなってしまうものなので注意が必要です。

このような症状になった場合には、まずは水を補給しましょう。それから、無理に動かずにゆっくり横になっておくのがいいでしょう。

ひどい時には立ち上がることさえできないこともあるので、そういった時には遠慮なく救急車を呼びましょう。

脱水しただけで救急車なんて恥ずかしい、なんとか耐えられるから朝になったら病院に行こうという人も多いですが、早めにお医者さんにみてもらっておいた方がいろんなリスクを防ぐことが出来ます。

スポンサードリンク

歯肉炎を起こしているかも?

脱水症状でなければ、口の中で何かトラブルが起こっている可能性が高いです。

例えば多いのが歯肉炎を引き起こしていてそれを放置していて、口臭が悪化し、それによってなんとなくいつも気分が悪い時が続き頭痛になったり吐き気がすることがあります。

口臭と頭痛や、吐き気というのは全く関連性がないように思えますが、意外と繋がっているものです。歯肉炎だけでなく、歯周病などでも同じような症状になることがあります。

口の匂いが気になるときはオーラルケアをしておけばいいか、となりがちですが意外と他の病気にかかりかけの時期だった、ということもあります。

匂いが強い食べ物や、寝起きという明確な原因があるときは問題ありませんが、そういった思い当たるフシもない時には、病気を疑ってもいいかもしれません。

1つの目安としては、口の匂いがいつもよりも気になるという時期が、1ヶ月以上続けば何かしらの原因があるかも、と思いましょう。

過敏性腸炎の可能性も

口臭の原因として、歯肉炎などの歯の病気は思いつきますが、実は意外と可能性があるのが腸の病気なのです。

女性は大腸や小腸の病気にかかる人が男性よりもかなり多く、便秘などにかかりやすいのもそのためです。

便秘であれば頭痛などにはならないのですが、それらを引き起こす可能性があるのが過敏性腸炎という病気です。

症状としては吐き気や口臭、頭痛などが当てはまり、原因は日々の生活のストレスであったり、自律神経の乱れが挙げられます。

この過敏性腸炎に気がつかないうちにかかっている人は多く、そこまで症状も激しくないので気付かないうちになって、治ってしまっていたという人もいます。

しかし、にんにくなどの匂いとはまた違った、濃い匂いがするので病気に行ってきちんと治した方がいいでしょう。何か思い当たる節があれば、ただの口の匂いや頭痛だからと、勝手に思い込まずに最寄りの病院に行くようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

口の匂いや頭痛などが一緒に起こった時、なんとなく体調が悪いな、というので済ませてしまわずに病気のリスクを疑うようにしましょう。

何かいつもと違うことや気になることがあれば病気のサインかもしれないので、症状が長く続くようでしたら病院に行くことも検討してみて下さい。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 口臭の原因となる食べ物【種類別の口臭対策】できていますか?

  2. 口臭が酷い女性は多い?ストレスや生理の影響から病気の可能性まで

  3. 口臭予防サプリの選ぶ基準|原因によって有効な成分が変わるので注意…

  4. 口臭が部屋に充満するほどひどい!環境改善から病気のことまで!

  5. 口臭ケアのおすすめ用品は?マウスウォッシュやスプレータイプなど

  6. 【口臭】臭いに種類あり!舌苔など部位によって対策法が違うんです!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る