menu

セラピストが教える腰痛や肩こり改善ブログ【お悩みiroha】

咳喘息の原因は気管支喘息と違います。何週間も咳に苦しんではいませんか?

喘息というと、笛の音のようなヒューヒューとした呼吸音や、酸欠状態になるほどの息苦しさ、止まらない咳というイメージを持たれがちですが、空咳だけが続く、咳喘息というものも存在します。

ただ咳が出るだけだからと放置していると、気管支喘息に発展させてしまう原因となりますので、医療機関を受診し、早めの治療を心掛けましょう。

気管支喘息と咳喘息の関係は?

風邪をひいているわけでもないのに、3週間以上も空咳が続く場合は、咳喘息の可能性があります。

そもそも喘息が起こるのは、ハウスダストや、煙草、花粉などによる気道への刺激、気温の急激な変化、風邪などにより、気道の炎症細胞が活性化され、気道が炎症を起こしてしまうからです。

炎症を繰り返した気道は、筋肉が収縮してしまったり、むくみや、細胞のダメージにより、気道が狭くなり、呼吸がしづらくなってしまいます。

始めの内は呼吸困難を伴わない、空咳だけの咳喘息だったとしても、繰り返しダメージを受け続ける事で、炎症が進み、気管支喘息へ移行してしまいます。

咳喘息の患者さんの約3割は、気管支喘息へ進行してしまうと言われていますので、咳が長引く場合は、大人なら呼吸器科(無ければ内科)、小児の場合は小児科(無ければ呼吸器科)を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

普通の咳と咳喘息の違いは?

空気が乾燥していたり、喉を使いすぎた時にも空咳は出るものですよね。ただ喉が荒れているだけの咳なのか、咳喘息による咳なのか違いはどこにあるのでしょうか?

風邪の諸症状は治まったのに、咳だけが残り、咳止めを飲んでもあまり効果が感じられず、3週間以上も咳が出るというのが、咳喘息の大きな特徴です。

また、日中はそれ程でもないのに、床に就いたときや、深夜から明け方にかけて、咳がひどくなる事が多いのも特徴のひとつです。基本的に息苦しさは感じにくく、冷えた空気や、煙草の煙を吸い込んだ時、運動時、会話の最中に咳き込みやすくなります。

通常の咳の原因は、喉に入ったホコリや、ウィルスなどの異物を排除する為に出るものですが、咳喘息の咳の原因は、気道の炎症によるものなので、水分補給をしたり、のど飴を舐めてみても、あまり咳止めの効果は得られません。

咳喘息の治療ってどんなことをするの?

咳喘息は、胸部レントゲンを撮っても特に異常は認められません。そのため、軽く考えてしまいがちですが、咳喘息は喘息予備軍のような存在です。

何らかのアレルギーを持っている方が発症しやすいため、予防や、軽減のためには、アレルギーの原因となるアレルゲンを特定し、可能な限り排除するのが効果的です。

医療機関を受診した際の治療としては、抗アレルギー剤や、抗炎症作用のあるステロイド剤の服用、発作時の呼吸を楽にするための、気管支拡張剤の吸入が主になります。

スポンサードリンク

日ごろから注意したいことは?

咳喘息は冷たい空気や、刺激物が原因による喉の炎症です。温かい室内から、冬の屋外へ出る時には、マスクを着用するなどして、冷気が入りにくくするだけでも、気管支への負担が軽くなります。

喉への負担を和らげるためには、口呼吸ではなく、鼻呼吸を行うようにしましょう。咳喘息は食べ過ぎると悪化すると言われています。暴飲暴食は避け、ストレスを溜め込まないようにし、十分な睡眠を取るようにしましょう。

そうは言っても、夜間は咳がひどくて安眠できないという方も多いです。喘息の患者さんは、腸内細菌のバランスが乱れている方が多いです。腸内の善玉菌にあたる乳酸菌を補いつつ、安眠効果のある、ヨーグルトを摂ってみるもの良いでしょう。

また、どうしても咳がひどくて寝付けないときには、背中の下に厚手のクッションを入れるなどして、上半身を起こし気味にすると、咳の発作が起こりにくくなりますよ。腸内環境を整え、しっかりとした休息を取り、喘息に負けない体を手に入れましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 咳喘息はストレスが原因と強く関係しています。咳止め薬でも効果がな…

  2. 咳喘息は何科を受診した方が良いですか?完治に必要な期間は?

  3. 咳喘息の治療方法、症状別の完治するまでの期間や注意すること

  4. 咳喘息に市販薬は意味がなく気管支拡張薬など症状を見極める必要あり…

  5. 咳喘息の漢方の選び方のコツや症状に有効なモノ、知っておきたい注意…

  6. 咳喘息の症状は喘息の症状と違うの?特徴と治療法・予防を紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

参加しているブログランキング

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ページ上部へ戻る